So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

Tyrrell P34(1976) -3 [Modeling]

週末は10年越えで悲鳴を上げていたリビングのエアコン交換をしてもらいました。 工事には二人がかりで3時間! 本体も機能が増えたせい?か少し大きくなりましたが、効きも良くなって家族の不満も解消。
作業のために家具を移動したので、ついでに模様替えしつつ大掃除も随行。 一気にやると手抜きになりがちとなるし、今頃から始めないと年末にバタバタしそうなので少しずつこなしていきます。



P34の進捗は・・・落書きをしています。

P34 76_008.jpg

キット状態では再現があっさりし過ぎなステア機構周りのディテールアップを目指します。
測定した元パーツやスキマに合わせて細かい部品をちまちまと作っていきましょう。


P34 76_009.jpg

同じ形状を要求される部分はハンダや瞬着で仮固定して形状出しします。

P34 76_010.jpg

小さくて一見加工が困難そうに見える部品も組み合わせを工夫して手順を検討すればある程度の精度を保ちつつ何とか形にできます。

P34 76_011.jpg

さらに強度や精度が欲しい部分は長めにパイプを後付けして、削りながら調整しました。
nice!(0)  コメント(4) 

Tyrrell P34(1976) -2 [Modeling]

P34は「ボディ側はフォルムに手を入れることなく進めます。」といった矢先ですが、P34の三角断面モノコックの塗りわけを考えてカット!

P34 76_006.jpg

切ったり盛ったりと界隈の流行に乗ります。

モリモリの画像を取り忘れましたが、燃料タンク部分をシャシー側に移植して整形が終わったのがこちら

P34 76_007.jpg

盛った削ったをかなり繰り返しました。
シャシー側にはアルミシートを貼る予定で一段落としてあります。

カウルの分割線らしき形状も違っていたので気分スッキリです。


nice!(0)  コメント(6) 

Tyrrell P34(1976) -1 [Modeling]

もう今年も残すところ1ヶ月。
忘年会に歳末セールの誘惑、クリスマスと続き年が明ければ元旦早々子供に金銭を提供する散財シーズン到来です。 働くお父さん共にガンバリましょう!


P34。 箱から出してキットを眺めてみます。

P34 76_002.jpg

資料はこのへんで。

P34 76_003.jpg


シャシーとボディを固定するネジが漢です。
ワタシも太く大きくなぁ~れ!(体型ではなくね)

P34 76_004.jpg

とりあえずシャシー側を一旦埋めて細いネジを切ります。
ボディ側は基本的にフォルムに手を入れることなく進めるつもりですが、サイドカウルが角ばりすぎなのは気になりますね。



ところで、盛ったメタルやハンダを豪快に荒削りする時、皆様どうされています?
レジンなどはよく股間に掃除機ノズルを挟んで吸引プレイを楽しむと聞きますが、メタルはなかなかそうもいかず服に付着したり床が悲惨なことになります。

ということで、簡易切削ブース(笑

P34 76_005.jpg

事務用のクリアファイルにテープを貼ると視界が確保できます。 すりガラスに水をかけると向こう側が透けるのと同じ原理ですね。 モヤモヤがワクワクに変わる瞬間です。
L字の開口部長辺をテープで固定して、溶着されている短辺をカットして筒状にします。
切削クズごと使い捨てもよし。 2,3回使いまわすもよし。
荒削りなのでこれでよしです。

両側から手を突っ込んでルーターでゴリゴリ削ります。
飛び散るメタルのチップが格段に減るので掃除が楽チンですよ。
nice!(0)  コメント(2) 
前の3件 | -