So-net無料ブログ作成
検索選択

Lotus97T -8 [Modeling]

ボディの塗装 - デカール貼り - クリアコートの乾燥時間に小物を作ります。

オイルクーラー

97T_030.JPG

キットのメタルパーツはよくできているもののディテールが潰れてしまっています。
黒く塗ってしまえば判らないという意見もありますが、リアエンド周りでアイキャッチになりそうなので、プラ板+帯金+エッチングのラジエターメッシュで作ってみました。
ラジエターメッシュは各社から出ていますが、今回StudioRossoさんから発売されている物を使用しています。

97T_031.JPG

0.1、0.15、0.2が1枚にセットされている中から一番細かい0.1を使っています。
この細かさはなかなかないので43には良いですねー


塗装して仕上げてみるも、やはり何か物足りなく資料とにらめっこの結果、オイルラインが無いことに気が付きます(遅

極小のユニオンと半田線の組み合わせも検討しましたが、手持ちに良いサイズのものが無かったのでアドラーズネストの六角ボルト(M)を使ってみます。

97T_033.JPG

ボルトヘッドを繋いでいるネジに相当する部分を適当に残すようにカットして、残った軸部分をそのまま配管にしました。 全体をシルバーで塗装後、ボルトヘッド部分をクリアブルーで塗り分けます。

97T_034.JPG

ユニオンが寸足らずな感じがありますが、取り付けてしまえばあまり気になりません。 モノトーンで単調なリアエンドで少しだけ色味があればよいです。


こちらはラジエターとサイドポンツーンのインテークに付くストーンガード

97T_032.JPG

ラジエターは実車では真っ黒なので当初同じようにセミグロス黒で塗装しましたが、ボディに当ててみると何かつまらない感じがしたのでここでも少し遊んでみました。
まず0.5㎜のプラ板をシルバーで塗装した上から黒を一滴落としたスモークでトーンを落とします。 その上にセミグロスとフラット半々の黒で塗装したエッチングメッシュを貼ってみます。
メッシュは抜けているFinisher'sさんのものを使用したので、正面から見ると下地のダークシルバーが見え、斜めからだと黒く見えるような見えないような(笑 イメージしたものにあと一歩かな~

ストーンガードは真鍮メッシュ#40に0.3㎜の真鍮線で縁取りを追加したものですが、オーバースケールというかメッシュの粗さと線の太さのバランスが悪いですな。
作り直すか悩むところです。。

タグ:Lotus 97T
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

トリトメ

アドラーズネストの六角ボルトを使うアイデア、良いですね!今度試してみます。
by トリトメ (2017-05-22 21:00) 

Ohtoro

トリトメさん

ありがとうございます!
作るたびに試行錯誤の連続ですが、その中のちょっと工夫した事が何かのヒントになれば嬉しいです。
by Ohtoro (2017-05-23 13:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0