So-net無料ブログ作成

Ferrari 250GT SWB ’Breadvan’ -4 [Modeling]

最近体調がすぐれないことが多くなってきたなぁと歳を感じます。
今週は歯に違和感を感じたので急遽歯医者にかかることに。 実は今の住所に引っ越してから初めての歯医者ということで、医療機関のポータルサイトから評判が良く通いやすいクリニックを選んでみました。
検診の結果、普段ないがしろにしているオーラルケアが災いして、気候の変化や疲れの蓄積などから免疫力が下がっているとのこと。
それにしても、数人いる担当医の中でも美人医師にあたって超ラッキー。 ルーターの使い方がぁ~~とか思いながらも、多少の痛みを無事乗り切れました(笑



さて、本題のブレッドバン。
先日作ったファンネルカバーのリップはもう少し工夫が必要そうです。
先に、その中に見えるファンネルをどうにかしたいと思いトライしました。

TAMEOから出ているアフターパーツも最近では入手しづらくなっていますね。
Bread van_022.JPG

手持ちも10個入りと数が足りないのでお手軽バージョンで自作してみます。 凶悪な方は挽いた方が当然綺麗なので読み飛ばしましょう。。


まずはΦ1.4×1.0のアルミパイプを5mmほどに切り出します。

Bread van_023.JPG


折れた(折れてなくてもいいのですが)ドリルに通して

Bread van_024.JPG

真鍮板に1mmの穴をあけたものを受けとして、トントン○○の2トン。

Bread van_025.JPG

Bread van_026.JPG

様子を見ながら適当に広がったところでドリルから外します。

プラ板を仕上りの高さ分積層して1mmの穴をあけたら刺してヤスリで削ります。

Bread van_027.JPG

ところどころデカい穴が開いているのは、広がった面側を落とし込むために一回り大きなドリルでザグリをしたところ、勢い余って貫通してしまったため(笑


チョコレート菓子の新種のように大量に作ります。

Bread van_028.JPG

これだけ作っても写真で見ると微妙に不揃い。 肉眼なら・・・(汗
お手軽バージョンだし・・・

ボディも目途付けないとー

Ferrari 250GT SWB ’Breadvan’ -3 [Modeling]

上田の巨匠の Blog にてバQの原型複製について記事がありましたので、少し工程を入れ替えて試してみました。
ウインドウではなくエアファンネルカバーの固定リップを作るのでズバリ工程ではないですがヒントになればと思います。
ワタシのやり方なのであくまで参考程度に・・・。



既にパテを型から外してしまっていますw
(実は最初に型取りだけしていたんです)

Bread van_017.JPG

キットのバQを傷めないように保険としてマスキングゾルを表裏に塗っています。
使用するパテはエポキシパテ。 押し込む形状よりやや小さめに丸めたものを中心もしくは端っこから面に沿わすように入れます。
今回の場合は少し細長くナメクジ状にしたものをバルジの長手端面から入れて、あらかた入ったところでタミヤの調色スティックでグイグイと面に押し付けるように押し込む感じです。 中心を押すと縁の方に溢れてきますが、餅つきの要領で畳み込み、最初の塊が足りなければ途中でつぎ足します。
あとは硬化を待ってパコッと外します。 バQを少し捩じるようにすると外しやすいです。
最初に塗ったマスキングゾルがバQ側かパテについてきますがどちらも簡単にはがせます。

とここまでが上の画像。
言葉だけですみません。。
ウインドウなどはバQを型にすると一回り小さくなってしまうので、離型後に縁にパテひもを継ぎ足して外形を一回り大きくしています。
体裁面側にシワや充填不良があった場合は同様のパテか光硬化パテを塗ってやすりで仕上げています。
形状が出来てからはサフ(ループ)~研ぎ出しという感じです。



で、本題の固定リップ

作った型に合わせて焼きなました洋白帯金をクイッと曲げます。

Bread van_018.JPG

さらに曲げます。

Bread van_019.JPG


曲げた帯金を真鍮板に半田付けします。

Bread van_020.JPG

この時も型をガイドに。 そうしないとバQと合わないですから・・・。

中からくりぬきます。

Bread van_021.JPG

数カ所に穴をあけてニッパーで慎重に切り抜いた後、ルーターやヤスリを駆使して出来るだけのりしろが少なくなるように成形。
その後外形を合わせました。

完成写真は撮り忘れ。
というのも実は何度か失敗してます。 ハンダが甘く外れてしまったり、外形を整形しているときにルーターのダイヤモンドディスクがバリをカジって大きく変形してしまったのでやり直しです。
断面はL字ですが、サイズ的にも華奢なパーツなので取り扱いは慎重にしなくてはいけないですね。

Ferrari 250GT SWB ’Breadvan’ -2 [Modeling]

ご報告

イラストレーターとしてご活躍している溝呂木さんより、模型誌「Sports Cars Modeling Vol.36」が発行されました。 今回は超精密モデリング特集の4号となり、表紙を飾るのはkamasaさんの超絶P4、MFHの917LHを徹底的に作り込んだStandardworksさんの作品も見開きで紹介されるなど見どころ満載となっておりますね。


sports cars modeling.jpg
あ、見覚えのある黄色い個体。

なぜ超精密とは言い難いこれが?(笑
溝呂木さんのご厚意で載せて頂きましたヽ(^o^)丿

スミマセン・・・少なからず浮かれております。
模型再起動して6年。 まさか自分の模型が紙面で紹介される日が来るとは思っていませんでしたので。

ということで、ご購入は↓から
スポーツカーズモデリング36号

バックナンバーも扱っていらっしゃいます。
また、実店舗では 代官山蔦屋書店、神保町書泉グランデ5階、秋葉原書泉ブックタワー、西新宿オールドキットガレージ、愛知高原書店 でもご購入できるそうです。




さて、本題。
ここ数日の作業です。

サイドのエアアウトレット。
キットでは当然掘り込みですが、エッジのシャープさに欠けるのと薄くすれば強度が確保できないので金属で置き換えます。
以前「43の人は金属を多用しますね。」とコメント頂いたことをふと思い出します。
確かにもう少しサイズの大きなプラキットであればウスウス攻撃でも極端に強度が落ちることもないと思いますが、43では加工も含めてかなり厳しいので、金属にしてしまった方が結果的に近道と思います。
アルミ、銅や真鍮、洋白薄板くらいまでなら加工もそれほど難しくないです。


Bread van_004.JPG

真鍮板の切り出し
0.3mmの真鍮板を数枚切り出して重ねて端面を半田付けし、、


Bread van_005.JPG

型紙(裏側に貼ってあります)に合わせてドリルで穴をあけたら糸鋸で繋いで、、


Bread van_006.JPG

キットの形状を信じてヤスリで整えます。


Bread van_007.JPG

ハンダを溶かしてバラしたら、端面を整えて、、


Bread van_008.JPG

ボディ側を一段彫り込んだところに瞬着で固定します。
この後資料見たら上下端部はもう少し角ばっていますね。。
4つのスロットを全て揃えるのは難しいのでこのままいっちゃうかな~


資料と見比べていたら( ↑ この時気が付きました(笑)、リアのホイルハウスのアーチが随分小さく感じたので一回り大きくしたい。 と余計なことを始めます。
まずは片側から、形状を整えながらカタチを決めます。 完成したエッジラインをマスキングテープで写し取ってプラ板に張り付けて型紙を作って反対側へ。

Bread van_009.JPG

アーチの頂点が同じになるように作業板の上で寸法を採って、それに合わせて型紙を貼り付けて削ります。
前後の位置関係を合わせるのにドアのスジ掘りとリアのエアアウトレットもガイドにします。

当然フェンダーのリップが無くなってしまうので、ここも真鍮板で再生しました。

Bread van_010.JPG

大きめに切り出してアーチに合わせて曲げて貼付ます。
ボディとの合わせ目にはパテを盛って逆Rで繋がるように成形しました。


続いてフロント周りも開口しまくります。

Bread van_011.JPG

特徴的なノーズのインレットも開口後に洋白帯金で蓋をし、、


Bread van_012.JPG

これまた真鍮の帯金を長円型に曲げて端面を半田固定したものを作ったりして、、


Bread van_013.JPG

それらを開口部にズブッっと差し込んでみます。
どこか魚の顔みたい。。



今回はここまで。
面白くなってきたのでつづくー

Ferrari 250GT SWB ’Breadvan’ -1 [Modeling]

昨日は年に一度の横浜詣、ホビーフォーラムでした。

blog_161107.JPG

所属しているルマンの会の皆様、LP500を展示していただいたクワトロバルボーレの方々、来場の皆様、大変お世話になりました。

スミマセン、写真も撮らず知人と喋りまくっていました。 と言いつつ会場ではスレ違いも含めてご挨拶も出来ずに閉場時間を迎えてしまった方もおり、時間配分など展示会の経験不足が露呈した反省の多いフォーラムとなりました。
気が付くと随分と知人が増え、ご挨拶&おしゃべりに終始した感がありますが貴重なアドバイスを頂いたり充足感は満点。楽しい一日でした。
当日の雰囲気やリポートは他の方に丸投げw
物欲も今年は無しです。


おはり




これだと流石にク ソBlogなのでブレッドバンの進捗を少し。

各部の調整をしましょう。


ダルかったウインドウフレームは0.4mm角の真鍮で置き換えます。

Bread van_002.JPG


リアのアウトレットを開口

Bread van_003.JPG

形状に合わせた洋白板で蓋をする方式を取ります。
もちろんタイヤが見えるように貫通させました。

彫り込むときにビットが暴れたキズや気泡なども埋めながら作業を進めていきます。

Ferrari 250GT SWB ’Breadvan’ -0 [Modeling]

ここ数日冷え込みますね。
気が付けばもう11月。
温泉にトップリ浸かりたくなる季節到来です。
温泉といえば
バ バン バ バン バン Van♪

Bread van_001.JPG

ということで新しいタグの追加です(強引)
24の次は43ということで表題の通りプロバンスのBread van作ってみます。
JemmpyもしくはGAFFEの巨匠のブログ記事を拝見し、このキットが手元に来た経緯を思い出したので着手します。
何となく今年中に手を付けないといけない焦燥感。
=勝手な思い込みですけど。
あと、細かいことはスルーしてください(笑


制作環境云々より完成は出来れば年内- 遅くとも2月を目指し、大きな挑戦はせずとも自分的に気になったところにはマジメに手を入れますが、基本的にはキット巣組でいこうと思います。
「サラッと」なんて今回は言いませんw
更新も記事数は少なめかもです m(__)m



そしてメガネを曇らせながら鍋が恋しくなる季節でもある訳です。
ということでちょっと早いですが忘年会の告知。
243 modelers Feat. 北京(モ) を12月10日(土)に開催します。
参加希望の方は連絡くださいませ~