So-net無料ブログ作成

Lotus97T -3 [Modeling]

以前コメントで頂いた、このキットを作るうえでの二大問題点は初期のキンキラキンデカールとキンキラ真鍮のホイール。

昔の模型的解釈としてJPSカラーがクリーム表現ではなくキン。というのは仕方ないとしてなぜ真鍮のホイール入れちゃったですかね。


ということで調達。

まずはポルトガルGPで作るのでレインタイヤは必須です。

97T_005.JPG

トレッド面はもっとふっくらしているはずだけど…タイラですねー


お次はホイールはお気楽師匠推薦のTAMEO純正アフター品 PTW-012を探しましたが、こちらは入手かなわず。

97T_006.JPG

仕方ないのでアルミリムのものを購入しますが、これにはディッシュ部を固定するリング状のパーツが入っていませんので思案中。 エッチングかなぁ…。
あと、リム断面も実車とはずいぶん形状が違いますね。
でもそのまま使っちゃう予定です。


デカールはGTさんで取り寄せてもらいました。
2週間くらいで入手できました。

97T_007.JPG

左がキットに付属していた金バージョンで右がクリームバージョンです。
レイアウトやタバコ部分が別になっているなど違いがみられます。
1枚しか買わなかったので失敗無用ですー


材料はそろったのでカタチにはなるでしょう。




ボディの方は盛って削って元通りにしましたw
その結果、カウルの分割線が消えてしまったので復活させます。

97T_008.JPG

左右の高さが揃うようにトースカンであたりを付けてガイドテープを使って筋彫り。
ストレートなラインで良かったです。。


ノーズコーンの分割線は最初からオミットされていたのでデカールをコピーして位置決めします。

97T_009.JPG

シゾーカHSまであと1か月チョット。
クラブの作品収集日を考慮すると使える週末は3回(5日)+平日夜。
あ-、計算合わないじゃんw
タグ:Lotus 97T

Lotus97T -2 [Modeling]

どもー、てんやわんやでーす(笑
職場のベテラン社員さんが2人抜けまして、お一方は定年、もう一人はそれなりに年配ですが休日に大きな怪我をして入院、そしてまさかのそのままリタイア宣言w
リソースの脆弱な零細企業だから仕事が全部回ってくるので、もう、てんやわんやでワチャワチャしっぱなしです(涙


そんな中、週末は 親指なアナリスト巨匠 にお声がけ頂き、気合を入れ直し、毛穴とかを開放するべく、マトラ マーとラー投入です。
出る時間を間違えて早過ぎに気が付き、定刻着狙いに修正したのに軽く迷子になって数分遅れちゃいましたが、無事カンパーイ。

170325_1.JPG

コース詳細は IAな巨匠の この辺り で紹介されております。

辣子鶏大好き

170325_2.JPG

冷やしすぎなタイガーとか電源の入っていない冷蔵庫から出してきた青島が恋しくなります。


これ旨かったです

170325_3.JPG

イノシシ イシモチを使った白身魚の山椒ソース煮込み
「痺」ということだけど上品な味付けで、これに米粉麺入れても良さそう


反則(笑
170325_4.JPG



メインのマーボー

170325_5.JPG

辛いけどうまみもしっかり。
豆腐は絹ごしです。


涙目で見るにはちとキビシイ

170325_6.JPG

うーんサイズ感伝わらないですね。
43に乗せるとこんな感じです。

170325_7.JPG


飛び道具の巨匠 のGTOパカパカ。

170325_8.JPG

すんごくスムーズな開閉は驚きの一言。 きっと実車よりスムーズですよ(笑
色々取り忘れアリです。ごめんなさい


食べて呑んでしゃべって笑って、汗だか涙だか鼻水だかわからないものを迸らせながら、十分に楽しませていただきました。
次回は店の威信にかけた激辛バージョンも試してみたいですねー





さて、97Tはボディにメタルを盛ったついでにシャシーとの固定用に真鍮バーも付けます。

97T_003.JPG

元あるダボは一カ所だし位置もズレてしまっているので、シャシー側の穴だけ台座固定用に転用します。


で、そのシャシー側。

97T_004.JPG

ラジエター下のアンダートレイ部分が分厚いくせにグニャグニャしてしまっているので真鍮板に置き換えました。

この時点でまだタメオ率95%以上確保してます(笑
あ、オフ会に持ち込んだのはもう少し切り刻んだ状態で80%位まで落ちてます…
タグ:Lotus 97T

Lotus97T -1 [Modeling]

まだ見れるのね(笑



元ネタはSNS経由で回ってきた こちら

記事を読んで、へぇ~。って感じです。
それぞれ感じ方はあると思います。
でも、何一つ違反してませんよね?
元記事で取り上げあれている内容に対し、少なくとも何が問題なのか理解不可能でした。 という話。





Breadvanちゃんと完成してませんが、所属クラブのお題に沿ってそろそろテーマモノに手を付けようかなと。
他にも候補はいくつかあったんですが、どれも今一つ気乗りしなかったのでタイトル通り97Tにします。 Tameoの20番!
これは最近ようやく老眼鏡に手を出した巨匠が6年前に製作。
震災の時に真っ最中だったんですねw
色々と参考にさせていただきます~


袋から出して、使わない、使うかも、素材。と分けます(笑

97T_001.JPG

ボディは使うのでTameo率70%以上は確保できるのではないかと思っております。
それにしてもキャストがきちゃない。。。

早速各所にハンダorメタルをモリモリしました。
すでにラジエーターはボディカウルへ変貌していたりします。

97T_002.JPG

久しぶりのメタルキットの重量感がたまりませんなー
タグ:Lotus 97T

震災の日 [雑記・日記]

2011年3月11日14時46分

6年が過ぎました。

年月を重ねるごとに、「あの日」「あれから」という言葉はなるべく使わない方が良いと考えています。 メディアではよく使われる言葉ですが、当事者にとってそれは昨日のことのように忘れられないことだから。
郡山で震災に遭い、友人を亡くした私自身でもそう感じるのだから、未だに故郷や元の自宅にすら帰られない人々にとっては震災の日からそして明日以降も続く日々だと思うのです。 復興は完了することなく6年という年月は長いとか短いではない、「時間」という定規を当てはめてはいけないんじゃないかと思います。



昨日は偶然そして突然郡山への出張がありました。
先方も準備が十分でなく、「でも今週中に打合せをしたい。 あと一日あればもう少し準備できたんですが…。」と、土曜日でなければ福島を訪れるのは11日だったのかも?

昨日も震災日と同じように雪のちらつく空模様の中、無人駅のホームに立って「こんなに寒い中、突然全てを失った人々がいた」と思うと、見えない力で「忘れてはならんよ」と言われているようでした。


震災で命を落とされた方に黙祷を捧げます

再度掲載いただきました! [Modeling]

またしても久しぶりの更新となってしまいました。
言い訳しても…というところですが、ネットやSNSすらほとんど見ずに日々過ごすほどてんやわんやな状態が続いてます。



そんな中、ご報告しなくてはー です。

購読されている方は既にご存知と思われますが、再度溝呂木氏発行の「SPORTS CARS MODELING Vol.37」- British carsへ作品掲載していただきましたー ヽ(^o^)丿
溝呂木さん、ありがとうございます!


blog_170301_1.JPG

過去作ですが、Blog等では未発表だったものです。
ルマンの会 Y御大の作品も掲載されています!

blog_170301_2.JPG

今回掲載されている作品は自然光での撮影が多いですね。
かーちゃんに見せたら、やっぱり自然光の方が好感度高いみたいです。 ただ、見せたくないところも光が回り込み両刃の刃か?


本誌は溝呂木氏のHPや書店でも購入可能です。




Breadvan は先日のオフ会 - と言っても1か月前ですw に向けて修復を試みて持ち込み。
簡単に捨てることができない貧乏性(^^;

持ち込んだ状態はすでに各所で晒していただいているので(笑 モニターから3m離れてご確認ください m(__)m

この時点でついてない部品やタッチアップなど含めて継続中です。
Breadvanはなんだか踏み台みたいになってしまいましたがカタチにはしますよー