So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

Lotus97T -1 [Modeling]

まだ見れるのね(笑



元ネタはSNS経由で回ってきた こちら

記事を読んで、へぇ~。って感じです。
それぞれ感じ方はあると思います。
でも、何一つ違反してませんよね?
元記事で取り上げあれている内容に対し、少なくとも何が問題なのか理解不可能でした。 という話。





Breadvanちゃんと完成してませんが、所属クラブのお題に沿ってそろそろテーマモノに手を付けようかなと。
他にも候補はいくつかあったんですが、どれも今一つ気乗りしなかったのでタイトル通り97Tにします。 Tameoの20番!
これは最近ようやく老眼鏡に手を出した巨匠が6年前に製作。
震災の時に真っ最中だったんですねw
色々と参考にさせていただきます~


袋から出して、使わない、使うかも、素材。と分けます(笑

97T_001.JPG

ボディは使うのでTameo率70%以上は確保できるのではないかと思っております。
それにしてもキャストがきちゃない。。。

早速各所にハンダorメタルをモリモリしました。
すでにラジエーターはボディカウルへ変貌していたりします。

97T_002.JPG

久しぶりのメタルキットの重量感がたまりませんなー
タグ:Lotus 97T

震災の日 [雑記・日記]

2011年3月11日14時46分

6年が過ぎました。

年月を重ねるごとに、「あの日」「あれから」という言葉はなるべく使わない方が良いと考えています。 メディアではよく使われる言葉ですが、当事者にとってそれは昨日のことのように忘れられないことだから。
郡山で震災に遭い、友人を亡くした私自身でもそう感じるのだから、未だに故郷や元の自宅にすら帰られない人々にとっては震災の日からそして明日以降も続く日々だと思うのです。 復興は完了することなく6年という年月は長いとか短いではない、「時間」という定規を当てはめてはいけないんじゃないかと思います。



昨日は偶然そして突然郡山への出張がありました。
先方も準備が十分でなく、「でも今週中に打合せをしたい。 あと一日あればもう少し準備できたんですが…。」と、土曜日でなければ福島を訪れるのは11日だったのかも?

昨日も震災日と同じように雪のちらつく空模様の中、無人駅のホームに立って「こんなに寒い中、突然全てを失った人々がいた」と思うと、見えない力で「忘れてはならんよ」と言われているようでした。


震災で命を落とされた方に黙祷を捧げます

再度掲載いただきました! [Modeling]

またしても久しぶりの更新となってしまいました。
言い訳しても…というところですが、ネットやSNSすらほとんど見ずに日々過ごすほどてんやわんやな状態が続いてます。



そんな中、ご報告しなくてはー です。

購読されている方は既にご存知と思われますが、再度溝呂木氏発行の「SPORTS CARS MODELING Vol.37」- British carsへ作品掲載していただきましたー ヽ(^o^)丿
溝呂木さん、ありがとうございます!


blog_170301_1.JPG

過去作ですが、Blog等では未発表だったものです。
ルマンの会 Y御大の作品も掲載されています!

blog_170301_2.JPG

今回掲載されている作品は自然光での撮影が多いですね。
かーちゃんに見せたら、やっぱり自然光の方が好感度高いみたいです。 ただ、見せたくないところも光が回り込み両刃の刃か?


本誌は溝呂木氏のHPや書店でも購入可能です。




Breadvan は先日のオフ会 - と言っても1か月前ですw に向けて修復を試みて持ち込み。
簡単に捨てることができない貧乏性(^^;

持ち込んだ状態はすでに各所で晒していただいているので(笑 モニターから3m離れてご確認ください m(__)m

この時点でついてない部品やタッチアップなど含めて継続中です。
Breadvanはなんだか踏み台みたいになってしまいましたがカタチにはしますよー



2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ