So-net無料ブログ作成

夏だ! [雑記・日記]

夏なので先週から遊びっぱなしでございます。

3連休は今年初海
blog_170723_1.JPG
波で戯れていた頃はGW頃には入っていましたが、もうそんな根性もなく夏限定家族サービス兼です。


翌日は友人とBBQチックな外呑み
blog_170723_2.JPG
身の危険を感じるほど暑く速攻で涼しいところで呑み直し。

その席で以前から話していた「釣り行くべぇ」が現実味を帯びまして、釣りが初めてのご子息も参加とのことから釣って楽し食べてうましのハゼです。
blog_170723_3.JPG

サイズ的にはまだまだなので唐揚げで。
blog_170723_4.JPG
大変おいしゅうございました。

明けて日曜日は潮来の「サーキットの狼 ミュージアム」へ
blog_170723_5.JPG
43minaraiさん、トマソンさんのオフ会にお邪魔します。
最寄り駅で合流して開館時間よりずいぶん早く到着しましたが、館員さんの計らいで入館。

おっさん殺しドーン
blog_170723_8.JPG
ドドーン
blog_170723_9.JPG
すごいのは展示してある全ての車が動態保存であるとのこと。

とてもフレンドリーでドアでもカウルでもすぐ開けてくれます。

ミウラのフロントカウル裏
blog_170723_10.JPG
ミウラの天井裏
blog_170723_11.JPG
ストラトスのリアカウル裏
blog_170723_12.JPG
トランクリッド裏にはランチアランチ時のムナーリのサインが!
カウンタックのドア裏
blog_170723_13.JPG

行ってみたかったが行って良かったに変わりました。

そしてオフ会のメインイベントは、館内のフリースペースで。
逆光でスミマセン
blog_170723_6.JPG
トマソンさんの356は拘ったアイボリーが最高に似合ってます。
43と並べてもデカくてズッシリなGTOの心臓も迫力満点
blog_170723_7.JPG
43minaraiさんのロータス78は安定のハイクオリティな仕上がり
横に並べていただき風吹裕也の館で記念撮影。

久々に充足した週末でした。

ヒコーキ! [Modeling]

グランツーリスモの最新作が出るようです。

GT sport.jpg


グランツーリスモ・ドットコム


画がものすごく綺麗でディテールも緻密。 VRモードも搭載でほぼドライビングシミュレーターと変わらないという魅力的な作品。
あと足りないのは臭いと風とGか。

これまでのシリーズは一応すべて購入してましたが、今回はどうしましょうかねー
何しろ前作もほとんどプレイしておらず、さらに今からプラットフォーム買い替えてとかやらない気がします。



ということで、バーチャルなクルマはさておき、たまにはヒコーキ作ってみます。

F4EJ_001.jpg

仲間内で盛り上がって少し前から作り始めていますが、小学生以来?のヒコーキは難しす!

F4EJ_002.jpg

静岡で見た作品を思い浮かべながら…スジボリとかヨレヨレ~!(笑
肩肘張らずにとにかく形にしてみましょう。
どうなることやらw
タグ:F4EJ

Ferrari 250GT SWB ’Breadvan’ -11 [Modeling]

いわゆる夏風邪ですっかり体調を崩してしまいました。
週末ゆっくり養生すれば回復するかな?と風邪を口実にダラダラ過ごしてみましたが、良くなるどころかさらに悪化(笑
週明けにどうしようもなくなり点滴と投薬で少し回復しました。
季節の変わり目、皆さんも体調管理しっかりしましょうね。





さて、以前ゼッケンデカール部でトラブったBreadvan は、その後修復を試み完成を目指しました。
簡単に捨てることができない貧乏性(^^;


デカール部がベロロ~~ン となってしまった前後に作業していたエキパイ。

Bread van_053.JPG

キットシャシーのモールドに合わせて真鍮線で作りました。
マフラーカッターはコジマで出している(たぶん)250GTO用のもの。 少しサイズがデカいです。



こちらは完成させて静岡にも展示させていただいたので今更な訳ですが、これにて一応完成報告となります。(すっかりうっかり。とも言います)

Ferrari 250 GT SWB Breadvan (1962)

Bread van_055.JPG

Bread van_056.JPG

Bread van_054.JPG

Bread van_057.JPG


黒の研ぎ出しは難しいっすねー
先に完成報告した97Tへの布石というか軽く踏み台と思っていたのですが、十分に反省が生かせなかった例となってしまいました。 以前見せていただき網膜に焼き付けたカミムラさんの黒ボディの作品を何度も脳内再生しても、根本的にすべてが違うことを思い知るです。 


ということで、クロい模型は難しいゾ(笑

Lotus97T -15 [Modeling]

2017もあっという間に折り返しです。
後半もオフ会やホビーフォーラムなどイベントも控えているので楽しみです。




97Tはようやく全てのパーツが揃ったので組立です。
キットから改造した部分もあるのでよく手順を考えるです。


フロントウイングは左右対象・水平直角が目立つので慎重に

97T_062.JPG

メインフラップはボディにネジ固定としていますが、翼端板からボーテックス・ジェネレーター(のようなもの)を介してパージボードは自作したステーでボディと接続されます。
このステーが曲者で、仮組で慎重に位置長さ合わせ、組立もハタガネを使ってジオメトリー合わせを慎重に行いましたがやはり少しズレが発生してしまいました。 コンマ数ミリ程度のズレですが、人間の目ではそれを感じ取れてしまうのですね。



知恵の輪のような組立でサスアームとアップライトを。
左側を組んで右側。

97T_063.JPG

塗装は剥げるし位置関係は微妙に調整が必要だし。と、いーーっ!ってなります。


ロールバー周りも少し色気を出してみます。

97T_064.JPG

ベース部分はモノコック側のガソリンタンク部を再現するため真鍮板にカーボンデカールを貼りこみます。 その上にジャンクのエッチングとアルミ板を円形に成型したものでデッチアップした給油口を作ってみました。 詳細資料がなかったので雰囲気だけです。



というわけで完成。
ロータスルノー97T A・セナ ポルトガルGPです。

97T_065.JPG

97T_066.JPG

97T_067.JPG


43初F1には反省点も多く、静岡には間に合いませんでしたがなんとかカタチになりました。 完成すればやはりJPSカラーはかっこいい!
横浜ホビーフォーラムではルマンの会のブースで「ルノーエンジン」として展示させていただきます(笑
タグ:Lotus 97T