So-net無料ブログ作成
検索選択

Lotus97T -7 [Modeling]

楽しかった静岡ホビーショーも終わり、燃え尽きた感がありますが製作続けていきましょう。

仮組まで完了したのでいよいよ塗装を行います。
最近、大き目のスケールから43に興味を持っていただいた声を聴きましたので、塗装工程を少し詳細に書いてみます。 写真撮っていなかったですが…
(これは自分の手法で、プラモデルでの製作経験もあるとのことなので参考程度にして頂ければと思います)


下地にプライマーのミッチャクロンを吹き、ガイアのサフェーサーEvo(黒)を吹きます。
ミッチャクロンはエアブラシでないと薄く均一に吹くのは難しいので、缶スプレーの場合は下地にタミヤのFineサフェーサーを吹いてからボディカラーの下地色のサフェーサーを吹くのでも良いと思います。

97T_026.JPG

乾燥後、1500番で中研ぎを行いました。
もし下地が出てしまったらもう一度塗装します。

余談ですが、先日の定例会で下地の話が出た時、Aさんはそのまま、Bさんは1500~2000番の水研ぎ、Cさんは何とコンパウンドまでかけると! 三者三様で盛り上がりました。
黒やシルバーは下地の影響を受けやすいのとカラーやクリア工程で安定した表面を得るためにも平滑に仕上げるに越したことは無いですね。



黒を吹いてデカール貼り開始。の図

97T_027.JPG

黒は先日発刊されたModelART誌の記事に従って…ガイアのピュアブラック(記事ではFinisher's)の上からFinisher'sのブルーブラックを塗り重ねております。
ピュアブラックは気持ち濃いめで1回と短めのインターバルで気持ち薄めを1回、1日乾燥後に軽く中研ぎをしてからかなり薄めに希釈したものを1回全体に掛け回すようにした後、半日ほど乾燥させて表面を落ち着かせてからブルーブラックを2.7倍希釈で塗装しました。

エアブラシを使う利点としては薄い塗膜を塗り重ねられる=塗り重ねてもディテールがつぶれない。や缶スプレーにない色を塗装できる。でしょうか。
完スプレーを使う場合は薄めを意識して2~3回塗り重ねるのが良いと思います。
実車用塗料を吹く方もいますがこの場合は少し注意が必要です。



デカールを張り終わったらクリアコート

97T_028.JPG

気持ち濃いめでパラ吹きと全体に2回、短めのインターバルで適度に希釈したものを2回吹いて乾燥後中研ぎしたのが上の写真です。
この辺りからはスケールに関係はないと思いますが、クリアも厚塗りするとディテールが潰れてしまうので薄めを心がけるのが良いと思います。

実はこの時デカールを一部削ってしまったので残りのデカールから切り出してタッチアップ。
その後適度な希釈のものをしっかり目に吹いて静岡に持ち込みました。



形状を変更してしまったフロント翼端板

97T_029.JPG

汚いですね~(笑
問題は前端部のRが付いた部分ですが、キットのデカールに切り込みを入れて繋ぎ合わせ、できるだけRになるようにしましたがカクカクしていますorz


こんな感じでユリユルと進めていきますー
タグ:Lotus 97T

Lotus97T -6 [Modeling]

今週末はいよいよ静岡ホビーショー!
早いです。
今年はタミヤさんがP34を展示してくれるとのこと。

DSC_0836.JPG

いつの日かの為に写真撮れると良いなー




前回置き換えたウイング類とボディを仮組してみます。

97T_023.JPG

サスアームは真鍮の角棒に置き換えました。
Zmodelやタメオの別売りパーツもありますが、形状や厚みが合っていない上に入手自体も容易ではないので、作り直した方が早いです。 帯金はジャストサイズはないので、1.2×1.2の角棒をV字状にハンダ付けしてひたすら削り倒して厚みを0.8㎜程度にしました。

仮組台に貼り付けているのはドロー系ソフトでジオメトリ・ラインを引いてOHPフィルムに印刷したものです。 湿度の影響を受けづらく屋内であれば寸法が安定しているので良いです。

97T_024.JPG

アッパーアームやタイヤ(ホイール共にタメオ)も合わせて確認します。
フォルムは微妙な気もしますが、修正などを始めると本当に収拾がつかなくなるので、各部の寸法が大きくズレていないことを確認し、

97T_025.JPG

更にシール紙にコピーしたデカールを貼って全体バランスと作り物が破たんしていないか最終確認します。




実はリアルにはボディ塗装とデカール貼りまで完了しておりますが、完成はどうにも間に合わないので、残念ながら静岡では展示できません。
お披露目は秋の横浜となってしまいそうです。
タグ:Lotus 97T

Lotus97T -5 [Modeling]

連休中にブログ更新しようと思いつつ、相変わらずのてんやわんやが続いておりまして、放置するにも程がありますな…。


さて、今年のGWは1,2日を休日とすれば9連休ということもあり、遠出された方も多いのでは?
取引先でも休業としている会社が数社ありました。

ニュースでは先週末の40㎞超渋滞真っただ中、インタビューで口々に
「Uターンラッシュを見込んで早めに切り上げました!」
同じこと考えた人が多すぎて渋滞になってしまったようですw


うちは恒例のBBQくらいで、特に遠出はしませんでした。

blog_170503_1.JPG

各家庭の子供たちも成長と共に参加率が下がり、BBQというか空の下女子会。を主催(笑

blog_170503_2.JPG

ワタシはホスト的立ち回りでタープを基準にサイトとテーブルをセッティングして、進み具合を見ながら料理をこなしてゆくのです。
あちぃ~ので水分補給も忘れず。



GWは静岡に向けてガッツリ模型の時間♪と思っていましたが、そうは卸してくれないのが問屋とうちのかーちゃん。
家にいればいたでなにかと執事業があるのですよ。トホホ
というか、静岡やばぁいです(涙



97Tはリアウイングに続いて、バージボードの先駆けとなったリフレクターを含めたフロントウイングの工作をしていきます。

97T_018.JPG

キットのパーツで物議をかもす翼端板から伸びたナニか。
資料を見ると「第2戦までは翼端板からサスアーム下を通って繋がっていた」とあります。 バージボードのみならずボーテックスまで備えていたとはスゴイですね。

97T_019.JPG

とはいえ形状がずいぶんと違うので、翼端板部分をエッチングソウで切り取って寸法を測りながら真鍮板で置き換え再生します。
翼端板から伸びたアームの先にキットパーツのリフレクターを添えます。


次いでサイドポンツーン後端に付くウィングレットの加工もしちゃいます。

97T_016.JPG

このまま形状を整えて使っても良いかと考えましたが、前後のウイング翼端板とのバランスを考えると作り変えてしまった方が早いのではないか。と。

97T_017.JPG

工作的には難易度はそれほど高くないです。
シンメトリーな部品は真鍮板2枚をハンダ付けして形状を整え、再度コテを充ててばらす。の繰り返しですね。




あと、前回のエントリーで触れたオフ会での物欲を少々晒しておきます。

まずは上田の巨匠より金の斧。

243off_170415_14.JPG

ディスクリング、リム形状共に素晴らしいです。
ディスク形状はキット付属の方が雰囲気は良さそうなのでマージして使用予定。
ロックナットは形状が違うので拘って作り直しするか悩むところです。


大好物カウンタック!

243off_170415_15.JPG

MRのLP500と並べたいですね~
オレンジで仕上げてリアには例のステッカーを付けたい等と妄想。


何故か最近惹かれる葉巻タイプのフォーミュラ

243off_170415_17.JPG

まぁ、SRCな訳ですがボディ裏を見てビックリ。

243off_170415_18.JPG

メイクさんの別注品ですかね?
すでに在庫しているRA272とパーツ構成は同じようなので、単なるラインアップとしてなのか。

更に遡ってマーボーの時に譲っていただいたフェラーリの250

243off_170415_8.JPG

ええ、ワタシにとっての250はこっちなのです。
GTOのエンジンがーとかiqosがーとかの流れ(笑 から譲っていただきました。
こちらもおまけがスゴイ!

243off_170415_10.JPG

この辺は入手しづらくても、揃えてくだされば非常に助かります。

243off_170415_11.JPG

確実にお値段以上の価値がありますね。 ありがとうございます!
飛び道具の巨匠に倣って、43の10作品目の記念に作ろうかな。
タグ:Lotus 97T

Lotus97T -4 [Modeling]

43はTAMEOを含めてアフターパーツの入手性も悪くなってきましたね。 というコメントで先日のオフ会の帰り道での会話を思い出しました。
97Tは前後のウイングがカーボン地なんですが、その43に使えるカーボンデカール自体がなかなか売ってないです。
巨匠!ビッグビジネス?

今は手持ちでどうにかすることを前提にウイングやっつけますです。。。



97T_014.JPG

悪名高きメタルの塊w
ウイングとしての機能を発揮できるよう、またF1たる軽量化を目指してTAMEO率下げてみます。



まずは翼端板。

97T_010.JPG

切り出した真鍮板を重ねて軽くハンダ付けし、デカールのコピーをペタリ。


デカールをガイドにひたすら削り倒します。

97T_011.JPG

フロント翼端板は四角過ぎるのでこの後形状修正しました。
デカールが合わなくなるのでメンドーな事が増えました(笑



形状整えたらハンダを外します。

97T_012.JPG

ポルトガルGPは貼り合わせ翼端板とのことなので0.2と0.1の厚み違いを貼り合わせて再現してみました。 言わなきゃわからない段差ですし、それ以前にクリアで埋まってしまう可能性もあります(笑



ぱっかーん。

97T_013.JPG

いよいよパーツを分割。
結局使用するのはメインフラップのみとなりました。

失敗を恐れるあまりいつも緊張する作業ですな。
調整をして組み上げるとこんな感じです。

97T_015.JPG

黄色いのはリード線の芯を抜いた被服で、仮固定のために差し込んであります。


どうもメタルキットは工作していると手が真っ黒になってしまうし、手元が金属粉まみれなのでブログ用の写真を撮るのを怠ってしまいがちです。。

タグ:Lotus 97T

Lotus97T -3 [Modeling]

以前コメントで頂いた、このキットを作るうえでの二大問題点は初期のキンキラキンデカールとキンキラ真鍮のホイール。

昔の模型的解釈としてJPSカラーがクリーム表現ではなくキン。というのは仕方ないとしてなぜ真鍮のホイール入れちゃったですかね。


ということで調達。

まずはポルトガルGPで作るのでレインタイヤは必須です。

97T_005.JPG

トレッド面はもっとふっくらしているはずだけど…タイラですねー


お次はホイールはお気楽師匠推薦のTAMEO純正アフター品 PTW-012を探しましたが、こちらは入手かなわず。

97T_006.JPG

仕方ないのでアルミリムのものを購入しますが、これにはディッシュ部を固定するリング状のパーツが入っていませんので思案中。 エッチングかなぁ…。
あと、リム断面も実車とはずいぶん形状が違いますね。
でもそのまま使っちゃう予定です。


デカールはGTさんで取り寄せてもらいました。
2週間くらいで入手できました。

97T_007.JPG

左がキットに付属していた金バージョンで右がクリームバージョンです。
レイアウトやタバコ部分が別になっているなど違いがみられます。
1枚しか買わなかったので失敗無用ですー


材料はそろったのでカタチにはなるでしょう。




ボディの方は盛って削って元通りにしましたw
その結果、カウルの分割線が消えてしまったので復活させます。

97T_008.JPG

左右の高さが揃うようにトースカンであたりを付けてガイドテープを使って筋彫り。
ストレートなラインで良かったです。。


ノーズコーンの分割線は最初からオミットされていたのでデカールをコピーして位置決めします。

97T_009.JPG

シゾーカHSまであと1か月チョット。
クラブの作品収集日を考慮すると使える週末は3回(5日)+平日夜。
あ-、計算合わないじゃんw
タグ:Lotus 97T

Lotus97T -2 [Modeling]

どもー、てんやわんやでーす(笑
職場のベテラン社員さんが2人抜けまして、お一方は定年、もう一人はそれなりに年配ですが休日に大きな怪我をして入院、そしてまさかのそのままリタイア宣言w
リソースの脆弱な零細企業だから仕事が全部回ってくるので、もう、てんやわんやでワチャワチャしっぱなしです(涙


そんな中、週末は 親指なアナリスト巨匠 にお声がけ頂き、気合を入れ直し、毛穴とかを開放するべく、マトラ マーとラー投入です。
出る時間を間違えて早過ぎに気が付き、定刻着狙いに修正したのに軽く迷子になって数分遅れちゃいましたが、無事カンパーイ。

170325_1.JPG

コース詳細は IAな巨匠の この辺り で紹介されております。

辣子鶏大好き

170325_2.JPG

冷やしすぎなタイガーとか電源の入っていない冷蔵庫から出してきた青島が恋しくなります。


これ旨かったです

170325_3.JPG

イノシシ イシモチを使った白身魚の山椒ソース煮込み
「痺」ということだけど上品な味付けで、これに米粉麺入れても良さそう


反則(笑
170325_4.JPG



メインのマーボー

170325_5.JPG

辛いけどうまみもしっかり。
豆腐は絹ごしです。


涙目で見るにはちとキビシイ

170325_6.JPG

うーんサイズ感伝わらないですね。
43に乗せるとこんな感じです。

170325_7.JPG


飛び道具の巨匠 のGTOパカパカ。

170325_8.JPG

すんごくスムーズな開閉は驚きの一言。 きっと実車よりスムーズですよ(笑
色々取り忘れアリです。ごめんなさい


食べて呑んでしゃべって笑って、汗だか涙だか鼻水だかわからないものを迸らせながら、十分に楽しませていただきました。
次回は店の威信にかけた激辛バージョンも試してみたいですねー





さて、97Tはボディにメタルを盛ったついでにシャシーとの固定用に真鍮バーも付けます。

97T_003.JPG

元あるダボは一カ所だし位置もズレてしまっているので、シャシー側の穴だけ台座固定用に転用します。


で、そのシャシー側。

97T_004.JPG

ラジエター下のアンダートレイ部分が分厚いくせにグニャグニャしてしまっているので真鍮板に置き換えました。

この時点でまだタメオ率95%以上確保してます(笑
あ、オフ会に持ち込んだのはもう少し切り刻んだ状態で80%位まで落ちてます…
タグ:Lotus 97T

Lotus97T -1 [Modeling]

まだ見れるのね(笑



元ネタはSNS経由で回ってきた こちら

記事を読んで、へぇ~。って感じです。
それぞれ感じ方はあると思います。
でも、何一つ違反してませんよね?
元記事で取り上げあれている内容に対し、少なくとも何が問題なのか理解不可能でした。 という話。





Breadvanちゃんと完成してませんが、所属クラブのお題に沿ってそろそろテーマモノに手を付けようかなと。
他にも候補はいくつかあったんですが、どれも今一つ気乗りしなかったのでタイトル通り97Tにします。 Tameoの20番!
これは最近ようやく老眼鏡に手を出した巨匠が6年前に製作。
震災の時に真っ最中だったんですねw
色々と参考にさせていただきます~


袋から出して、使わない、使うかも、素材。と分けます(笑

97T_001.JPG

ボディは使うのでTameo率70%以上は確保できるのではないかと思っております。
それにしてもキャストがきちゃない。。。

早速各所にハンダorメタルをモリモリしました。
すでにラジエーターはボディカウルへ変貌していたりします。

97T_002.JPG

久しぶりのメタルキットの重量感がたまりませんなー
タグ:Lotus 97T

再度掲載いただきました! [Modeling]

またしても久しぶりの更新となってしまいました。
言い訳しても…というところですが、ネットやSNSすらほとんど見ずに日々過ごすほどてんやわんやな状態が続いてます。



そんな中、ご報告しなくてはー です。

購読されている方は既にご存知と思われますが、再度溝呂木氏発行の「SPORTS CARS MODELING Vol.37」- British carsへ作品掲載していただきましたー ヽ(^o^)丿
溝呂木さん、ありがとうございます!


blog_170301_1.JPG

過去作ですが、Blog等では未発表だったものです。
ルマンの会 Y御大の作品も掲載されています!

blog_170301_2.JPG

今回掲載されている作品は自然光での撮影が多いですね。
かーちゃんに見せたら、やっぱり自然光の方が好感度高いみたいです。 ただ、見せたくないところも光が回り込み両刃の刃か?


本誌は溝呂木氏のHPや書店でも購入可能です。




Breadvan は先日のオフ会 - と言っても1か月前ですw に向けて修復を試みて持ち込み。
簡単に捨てることができない貧乏性(^^;

持ち込んだ状態はすでに各所で晒していただいているので(笑 モニターから3m離れてご確認ください m(__)m

この時点でついてない部品やタッチアップなど含めて継続中です。
Breadvanはなんだか踏み台みたいになってしまいましたがカタチにはしますよー


Ferrari 250GT SWB ’Breadvan’ -9 [Modeling]

明日は節分
節分と言えば昔は豆まきが全国的なイベントでしたが、最近はもっぱら「恵方巻」。 ウチは恵方巻を食する習慣は未だないですが、関東地方でも浸透したのでしょうか?

で、本日見つけた変化球アイテム
DSC_0605.JPG
「まるかぶり豆大福」
長さ約20㎝直径4㎝程の棒状に整えられた豆大福ですが、恵方巻のように端からハグハグと食するものと思われます。
大惨事が起きないことを祈ります。





ご無沙汰なBreadvan は大惨事の巻。
失敗というかトラブル発生が放置の理由です。

Bread van_051.JPG

ゼッケンデカールが筋彫りのところから べろ~ん となってしまいました(涙
研ぎ出し中&直後は問題なかったか、気が付きませんでしたが、細かいパーツを付け始めてふと見たらこの状態だったと。
他の部分は大丈夫なようなので、洗浄した際に筋彫りのカット面から毛細管現象で水分がジワジワと侵したのだと思います。

もう、ぶん投げようか・・・。



とりあえずデカール周辺に慎重に2000番のペーパーを充てて、デカールを剥がしてみます。
Bread van_052.JPG

どうしますかね。


あ、この週末は「オートモデラーの集い in 横浜」です。
出展はLP500と去年は塗装前だった917を持っていくかもしれません。
会場にいると思いますので見かけたらお声がけ頂けると嬉しかったりします。

比べてみました [Modeling]

先日、SNSや某所 で話題になった43ストラトス。

STRATO'S_1.JPG

これまでどのくらいの方が書籍やblog、HPで行ってきたか? という内容を今更43新参者のワタシが比較というのもおこがましいのですが・・・
いい意味でオタクな人が多い車種だし、模型キットなので正解などないと思いますが、こんな風に違うよ!てな感じで手持ちのもの出してきました。





まずは比較したキット(画像左から)
Arena:以下(A)
Starter:以下(S)
Racing43(リアカウルオープン):以下(オ)
Racing43(カウル固定通常版):以下(通)

STRATO'S_2.JPG

ざっくり車軸を方眼に合わせるように置いてみました。
(オ)は明らかに一回りデカいですね。
(S)はホイールベースがちょっと長いかな?
車体の全長/全幅のレシオは他の3つはほぼ同等で、(オ)は他に比べて少し縦長な感じですね。
寸法を測っていないのでスケール的にどうかは未検証です。


フロントから

STRATO'S_3.JPG
STRATO'S_4.JPG
STRATO'S_5.JPG
STRATO'S_6.JPG

(A)は全高が一番低くて(S)はチョイ低め。
(通)はAピラーがグイっと内側に入っていますね。 また、指摘の多かった「フロントが下がりすぎ」と言うのも頷けます。



横から

STRATO'S_7.JPG
STRATO'S_8.JPG
STRATO'S_10.JPG
STRATO'S_9.JPG

一目瞭然ですね。 フロントが下がっているのがよくわかります。
こうしてみると(オ)のプロポーションが一番良いと感じます。
逆に同じRacing43でも(通)は極端すぎるウェッジシェイプというかリアと辻褄合わせのために弧を描いております。 (A)と(S)はまるでチョップドルーフ ww

サイドのプレスラインは実車ではフロントからリアまで一直線でリアスポイラーの下端と一致します。
その再現が一番正確なのはやはり(オ)。
(A)と(通)のプロポーションに影響を与えているのはサイドシルの縦幅が極端に低いこともあるようです。
特に(通)は(オ)の1/3位しか高さがなく、それがフロントオーバーハングのボリューム不足にも影響しているようです。


斜め前から

STRATO'S_11.JPGSTRATO'S_12.JPG
STRATO'S_13.JPG
STRATO'S_14.JPG

それぞれ良い(笑
ある意味ストラトス”らしさ”が出ているのは意外や(通)かもしれません。 単品で見ると良いと思うのです。
ただ、サイドシルの高さ不足は致命的かも。。


正誤比較ではないので以上です。
また、各キットそれぞれ仕様も違うので判断は難しいですが、メーカーの特徴や解釈もわかって面白いですね。






Breadvanはボディにクリア掛けして乾燥中。
あまり進捗がないです。

ステアリングまわり

Bread van_048.JPG

おなじみ光硬化パテと金属線/パイプで作ります。
ステアリングは真鍮線を丸めたものにエッチングのスポークを合わせた定番工作です。
ハブの部分は芯に1.2×0.8㎜の真鍮パイプで、周りにパテを盛ってドリルレースしました。
左側だとウインカーかな? のレバーとシフトブーツも同じくパテでデッチアップです。


塗装して

Bread van_049.JPG

ホーンボタン?は0.8㎜の洋白線の先端にハンダボールを付けて同じくドリルレースしたもので、ジャンクのデカールからプランシングホース部をポンチで打ち抜いて貼り付けておきました。
メーターは自作デカールの出来が良くないので少々検討中です。


小物ばかりを作っていると飽きるので、気分転換にドアの内張も作ってみます。

Bread van_050.JPG

プラバン工作(笑
ドリルで長穴を開口して面取りしただけですー


ゴールが見えてきましたが、小物製作が結構あるので 面倒くさい 頑張ります。