So-net無料ブログ作成

Tyrrell P34(1976) -0 [Modeling]

ご無沙汰しております。
・・・更新単にサボっていただけです。スミマセン

97Tはホビーフォーラム向け「新作」として完成したあとチョイチョイ模型は作っていました。


43はルマンで優勝したのを機にDBR9(2008)。
ルネッサンスのキットで、初めて箱の中のものだけで組みました(笑 あ、リアウイングは欠品だったので飛び道具使っていますが。

これは試しにブログ更新ナシでツ言ったーのみで進捗更新していました。 まぁ楽ですけど・・・つぶやく意味あるか? 的な違和感も。 一過性の情報発信の意義? 現代的な感覚についていけません。
完成写真もちゃんと撮っていなかったので後日アップしましょう。


秋のイベントも一段落したので新しいキットはじめました。 43-43ときたので順番的にはそろそろ24をやりたいところですが43続けます。

TameoのTMK222 前期型日本グランプリです。

P34 76_001.jpg
これは来年のクラブのテーマに沿ったもので、フルディテールではないものの少し手間取りそうなので早めに取り掛かっておきたいのです。

クラブでは2011年にkawakami氏がシェクター車を製作しています。
あまり作品を見かけない前期方の中でも、模型的には独特なウイングを採用したシェクター車が見栄えしますね。 P34の開発を熱心に行った立役者デパイユでいくか悩むところです。
nice!(0)  コメント(0) 

ホビーフォーラム2017 [雑記・日記]

日曜日は年に一度の横浜詣、ホビーフォーラムに参加してきました。

所属クラブの設営担当ということもあり早めに会場へGo!
乗り換えは少ないもののナニゲに遠い。。

Hobbyforum2017_1.JPG

早朝にもかかわらず電車が遅れていたので急ぎ足で入り口に向かいます。

Hobbyforum2017_2.JPG

サクッと設営して開場までの時間は挨拶をしつつ展示や物販ブースを散策。
物販はここ数年で43キットの掘り出し物が壊滅的なので、期待はせず流す程度です。

Hobbyforum2017_3.JPG

Hobbyforum2017_4.JPG

Hobbyforum2017_5.JPG

お隣ZMCさんのブース
市原さんの叩き出しボディのTZ2やNew Discovolante、KamasaさんのP4が素晴らしい。
Lussoの青は綺麗ですね。塗料を聞きそびれたのが残念。

Hobbyforum2017_7.JPG

トマソンさんの356と琢磨カー。
イメージぴったりのアイボリーです。

Hobbyforum2017_6.JPG

海外より参加のペキモさん。
ブログで公開していた作品DB3S、917、TZ2を前に店番が板についてる(笑

Hobbyforum2017_8.JPG

Hobbyforum2017_9.JPG

そして、兵庫からデモさんに会いに(!)来場したというT田さんの手編みホイール。
正確には手編みでなく手差しですが、穴の角度、ニップルの再現にまでこだわり抜いた究極の逸品。こんなホイールに負けない上物をいつか作れるようになりたい。とため息しか出ません(笑

Hobbyforum2017_10.JPG

会場の片隅ではSF談議に花が咲くのも面白いです。

Hobbyforum2017_11.JPG

同じくお友達限定公開の作品。「緻密」だけではないテクニックはどこかヨーロッパの空気感が漂う作品です。

Hobbyforum2017_12.JPG

ブースお向かいのFormula1modelingさんは馬が大増量で圧巻の一言。 去年より一気に台数が増えた気がします。

他にも素晴らしい作品が盛沢山で、沢山の方と話しまくってのアッという一日でした。

Hobbyforum2017_13.JPG

その後は恒例の中華オフでさらに一盛り上がり。二盛り上がり。

来年もよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(7) 

F4-EJ 2 [Modeling]

ご無沙汰しております。
今年は雨続きで各地のプールも閑古鳥、花火大会も中止が相次ぐなど冴えない夏でした。
うちはかーちゃんが暦通りの出勤&休みと思ったら夏風邪拗らせまして、さらに義母が緊急入院するとかどこに行くでもないのに忙しない日々でした。 その分、普段できない家の雑用をやったりして過ごすことができました。


で、若干不謹慎にも義母の入院をつぶやくと、肌爪先生からの反応。
先生「近くだね」
オ「え、そうなんですか!? コブラ見せてください!」
先生「いいよん♪」
オ「ありがとうございます♪」
ということで、厚かましくも突撃。

ジャジャ~ン

blog_170813.JPG

塗装しないアルミの素地にヘアライン仕上げがイカしてます!
レプリカとは言いつつもシェルビーからライセンスを受けて生産しているCSX4000シリーズ(?)なのである意味本物。 ここから更にボディの仕上げなど好みに仕上げていくのだとか。 仕上がったらまた見せてくださいね!

また、突然の訪問にも快く対応くださいまして、誕生日の素晴らしい記念となりました。




さて、裏では別の模型を進めたりしていますが、お友達バージョンの方の進捗を少し。
機体の方はスジボリ→脱線埋め→スジボリ→脱線…のループを繰り返しています(笑 が、切りがない。 ある程度で諦めないとですね。


ヒコーキは何はなくともコクピットから。
ということで塗装。

F4EJ_003.jpg

実は他の製作品との進捗でグレー系の塗料を使いたくなかった。というのがあり、かなり遅れております。


カーテンも塗装

F4EJ_004.jpg

接着して完成

F4EJ_005.jpg

F4EJ_006.jpg

同じフジミのキットでもコクピットの造形は何種類か存在しており、これは平面で構成された若干残念な方。
会長の「72は見えないよー」の言葉に乗ります(笑


年内完成目指します。
nice!(1)  コメント(5)