So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

CATERHAM Seven -15 [Modeling]

いよいよ大物?メインディッシュ?のサイドパネルです。

キットの側面フレーム部エッチングを型取りし調整したテンプレートを真鍮板で準備しました。

seven_050.JPG

話が前後しますが、実はテンプレート自体はフレームを組む初期段階でキットのエッチングを採寸して製作しておりフレームの左右形状確認や寸法決定の基準などにも用いております。 つまり、このテンプレートが今回の神様として製作を進めています。
が、各部のエッチングやパーツ類を当ててみると辻褄の合わない部品が多く、基準にするもの間違えたかと悩んでしまうと夜も眠れません。。



コクピット部の巻き込みが上手くできるか自信が無かったので、まずは小さく切り出したアルミ片を使って何度か練習します。

seven_051.JPG

手順を確認し、なんとかなりそうなので本番。



切り出したアルミ板をテンプレートに瞬間接着剤で固定し、一番のポイントとなるコクピット部の巻き込みの再現から始めます。

seven_052.JPG

テンプレートに沿って叩いたりしながらじわじわと曲げていきます。
理屈ではフロントセクションの上下の巻き込みもこのまま曲げてしまえばよいのですが、ハンダ組したフレームとピッタリとはいかないのでアセトンに浸けて一旦取り外し、フレームに被せて下側のラインをケガキ直します。
曲げ終わったら余分な部分を切り落としますが、各部に多少の調整代を残しておきます。


反対側も同じ手順でサイドパネル完成です。

seven_053.JPG

後ろに写っているのは失敗品の山です
(実際はもっと沢山 ^^;)
やはり一発で決まるものでもなく、いいかな?と思ってもどこかがダメだったりで何度か作り直しが必要でした。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(4) 

震災の日 [雑記・日記]

2011年3月11日14時46分

8年という時間。
その後も日本中で、身近なところで数々の災害があった。
復興すればカタチは元に戻る。 モニュメントなど記録はできる。
カタチの無い、元に戻らないものこそ忘れてはいけないはず。
街からは傷跡が消えつつあるけど心の傷は消えるものではない。
消し去りたい記憶と忘れてはいけない思い。



震災・災害で命を落とされた方に黙祷を捧げます

CATERHAM Seven -14 [Modeling]

今回はリアフェンダーの製作です。

キットのパーツはレジンですが・・・左右で寸法が違っていたりなど、修正して使えないこともないですがどうせ修正するなら作り変えちゃいましょう(笑


マスキングテープでトレースして真鍮板を切り出します。

seven_054.JPG


適当なサイズのアルミ棒などを使いゴム板の上でゴロゴロしながら曲げていきます。

seven_055.JPG


端面の折り返しになる部分の板をハンダ付けします。

seven_056.JPG

反対側も同じようにハンダをしっかり流して

seven_057.JPG



余分な部分をカットし角を丸めて完成です。

seven_058.JPG



フレームにあてるとこんな感じです。

seven_059.JPG

キットはSr.3ということもありパーツをそのまま当てると、幅が若干細めに感じたので片側0.4㎜ほど幅広に作ってみました。 わずかな寸法変更でリアビューがかなりマッチョなイメージになりましたが、ケータハムということでアリとします。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(4) 
前の3件 | -