So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

Tyrrell P34(1976) -28 [Modeling]

めっきりと涼しい朝も増えて秋めいてきましたね。
ワタシは不覚にも先日風邪をひいてしまいました。
体質的になのか熱はあまり上がらず微熱が続く程度なのですが、頭痛とおなかの調子がすこぶる悪く、食欲不振と胸のむかつき…まるで二日酔いのような状態で、職場でも「そうなのでは?」と冷やかされる始末。 二日酔いどころか普段はほとんどアルコール摂取していないんですけどね。



P34は小物を取り付けていきます。
パーツは概ね静岡の時点で揃えていたので、取り置きしたものを付けるだけですが。。

サイドの小窓は0.1㎜のアクリルシートを切り出し、今回から導入したセメダインの「ハイグレード模型用」を使ってみました。
が、勝手がわからず課題山積みです。

P34 76_110.JPG

スクリーン側にはみ出して汚くなってしまいましたので後日対応要検討。 タミヤの水性アクリル薄め液で希釈すると粘度と乾燥時間のコントロールがしやすい感じでした。

カウルファスナー類はTop Studioのエッチング等を使用します。

P34 76_112.JPG




ということで、なんとか完成しました。

P34 76_113.JPG

昔のF1はドライバーだけでなくデザイナーの発想や監督(創設者)のキャラクターなど見どころも多く、この6輪車もそんな背景から生まれた一台だと思います。
現代のデザイナーの個性を発揮できる余地が少ないレギュレーション、安全性最優先で試行錯誤のあげく迷走した(カッコ悪い)マシンより様々な魅力があり、作っていて楽しかったです。


今度の週末、11月11日(日)横浜大さん橋で行われるホビーフォーラムへ『43モデラーズクラブ・ルマンの会』で参加・出展します。
出展ブースはP-4ですのでお声がけいただければと思います。
nice!(0)  コメント(4) 

Tyrrell P34(1976) -27 [Modeling]

ハッピーハロウィーン。
今日は繁華街にゾンビが流浪する日ですね(違
訪日欧米人にも「クレイジーだ!」と言われるほど着実に独自の文化を育んでいるようですが、数千年後「大陸の端にあった島(国)には死者等を装った奇祭があった。」なんて言われるんですかね。
ともあれ持ち上げられたり転がされたりの被害がないことを願います。



さて、後回しにしていたフロントセクションですが、横浜HFの足音も聞こえてきたので重い腰を上げる潮時と意を決して取り組みます。

P34 76_106.JPG

フロントのスタビです。
リアと同じく0.6㎜のアルミパイプで作りました。 組み合わせるリンケージは この辺り で作っていたものと同じ作業です。
その他にもタイロッドなどをチマチマと揃えまして

P34 76_107.JPG

何とか収まりました。



今回のトライアルの一つでもあったフロント6輪のステアも達成です。

P34 76_108.JPG

P34 76_109.JPG

アライメントも資料を見つつ慎重に設定したので実車同様カウルとぶつかることもなく、可動部はすべて線接触になるように工作しているので塗装剥がれの心配も無し! (TAMEOのエッチングパーツのアライメントはほぼ完璧のようです。)
台座に固定してしまえばそうそう動かすことはないでしょうが(笑

表現うんぬんと言うより、純粋に6輪ステアシステムに対する知的好奇心が満たされました!
nice!(0)  コメント(0) 

Tyrrell P34(1976) -26 [Modeling]

10/13 天気も良く時間が取れたので、クルマ情景の展示会【Life on Wheels】に伺いました。

181013_001.JPG

181013_002.JPG

181013_003.JPG

181013_004.JPG

181013_005.JPG

181013_006.JPG

台座の上の工芸品のような仕上りの作品ももちろん素晴らしいけれど、物語があるのが良いですね。
(来場者も多く全部撮影しきれていないです。)
ジオラマは作品としてはある瞬間を切り取ったものだけど、過去と未来が見える(想像できる)作品は没入してしまいます。
同じ車でもミュージアムとサーキットで見るのでは印象が違うのに似ているのでしょうか。
あと、自分なりに感じる絶妙な「間」の取り方。 感性なので真似て出来るものではないと思いますが、物理的に何もない(訳じゃないけど)空間があって、でもしっかりと情報量は周囲と同レベルで仕上がっている。 だから、モノが無い空間でも物語はあって、且つ全体の調和をとるような役割もしている。 超絶的な表現技巧と見せ方プラス物語の創造性という感じでとても良い刺激を受けました。




P34はコクピットの続きです。

P34 76_101.JPG

シフトノブは定番工作。
洋白線に光硬化パテを盛って

P34 76_102.JPG

整形してクリアオレンジ。
もう少し茶色のほうが良かったですかね。


続いてシートベルト

P34 76_103.JPG

こちらも個人的定番となっている、釣り用の板おもり(鉛板)0.2㎜ですが、最初に作ったもの(写真)は質感とメッシュ転写がダメ。 何よりも厚くてバックルのエッチングに入らないというトラブルが発生したので、伸して半分ほどの厚みにしたもので作り直しました。

先日作ったメーターパネルと組み合わせてみます。

P34 76_104.JPG

P34 76_105.JPG

フロント周りをまとめればゴールが見えてきそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -