So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Tyrrell P34(1976) -7 [Modeling]

昨日は「別冊マルハマ」の展示会にお邪魔してきました。
開催場所は先月我々が開催させていただいた横浜ランドマークタワー33FのPana Homeビューノプラザです。 毎月第2土・日の二日間で開催されており、出展者は毎回変わるので色々と刺激もありますね。

10時の開場に合わせるように初代横浜駅を目指します。
朝ご飯を食べていなかったことを思い出し駅そば。

180311_001.JPG

店内の掲示を見ると開業は1900年とあり、駅そばなれどなかなかの老舗だと知ります。

展示会の作品は全体的にジオラマが多かったです。
素晴らしい作品のうち何点かをご紹介。

180311_002.JPG

180311_004.JPG

180311_005.JPG

180311_007.JPG

180311_008.JPG

180311_009.JPG

クルマに限らずベースがあることでドラマやストーリーが生まれるのはやはりイイ!
ジオラマにも挑戦したいですね。





さて、本題ですが週末の進捗はほとんどないまま、しぞーかまであと2か月を切り、間に合うのか微妙な空気が漂っています。。


コクピット内の気になる点を解決します。
カウルをかぶせてみるとフロントの足回りから光が透けて見えるので、板金折り紙細工でフットボックスを作りました。

P34 76_022.JPG

これによってフロント足回りのエッチングも目隠しできます。

それでもなおキットのシャーシと上半身の間に隙間があります。
実車ではシャシーの天板が塗装され、コクピットカウルが上に乗っただけ。
それをこのキット構成で再現するためには同様に蓋をすればよいですね。

P34 76_023.JPG

モノコックサラウンドの形状をマスキングテープで写し取り、それをガイドに0.25㎜の真鍮板から切り出しました。
少し試行錯誤があり、3回ほど作り直しています。

P34 76_024.JPG


続きます。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。