So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

BMW Z4 GT3 [Modeling]

早いもので今日からは6月!
2018年も後半戦スタートです。

しかし静岡ホビーショーが終わってからというもの、まったく模型のモチベーションが上がらず、平日はおろか週末もフラフラと出かけて模型から離れて過ごしていました。

こんな気分の時の細かい作業はミスを誘発するのでP34はしばらくお預けとし、他のキットを出してユルユルと進めようと思います。
たまには戦車とかも…と思いましたが、積み滅ぼしもかねて…

Z4 GT3_001.JPG

前から作ろうと思っていたZ4 GT3です。

Z4 GT3_002.JPG

このデカールで。
大人の事情で「牛」を描いていることは伏せているようです。 メーカーに迷惑が掛かってもいけないのでなるべく露出は避けましょう。

このクルマ、調べても戦績とかデータがほとんど出てこないです。
Marc VDS Racingから Fred Bouvy と Damien Coensというドライバーで2011のBelcar-Spaに出場して3位入賞したらしい。ということくらい。
もしかしたらこの一戦しかないカラーリングかもしれません。

で、先の写真は2012のキットなわけですが

Z4 GT3_003.JPG

デカールが2011とのことで、先に2011のベースキットを購入していたわけですよ。

Z4 GT3_004.JPG

ご丁寧にホビーデザイン製のエッチングセットまで。
この辺りは在庫を引っ張り出したら、キットが2個あって「?」となり、確認したらデカールとエッチングまで用意してあったという、やる気のあった過去のオイラ偉い!ってことですが、すっかり忘れておりました(笑
そこで記憶をたどりつつ今度は何故キット2個買った?となったのですが、どうも2011仕様と言いながら該当車は造形的には2012仕様のようです。 検索で引っかかるTopGearの車両は2011仕様ですが、これが実戦走っている画像は発見できず。


Z4 GT3_005.JPG

Z4 GT3_006.JPG

フジミもわざわざ新金型で仕様違いを出しているように、外観は細かい部分が結構違っていて、改造でできなくもないけどキットがあるなら当然その方が楽な訳で購入したようですね。
更に見ていくと折角のホビーデザイン製エッチングセットはまんま2011をメインにしているためほとんど出番がなさそう(笑
つまりは2012仕様(ちょっと改造)+キット付属エッチング+デカールで製作となり、実車資料も乏しいことから「好き勝手作れる おいしい仕様」ということになります。


ゆるく続くと思う。
タグ:Z4 GT3
nice!(0)  コメント(5) 

Tyrrell P34(1976) -23 [Modeling]

お知らせが遅くなってしまいましたが、
ブログ川原模型資料館
と相互リンクさせて頂いておりますので改めてご案内します。
Authorの川原氏と言えばP34。 氏が寄稿したModelArt誌のP34特集は今回の制作でバイブル的に活用させていただきました。
静岡でも当ブログを見て頂いていたとのことで、ブースに来訪いただき濃ゆいP34談義をさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします。




さて、製作記としては静岡HSの2日前くらいですかね。
エンジン回りのパーツがおおむね揃ったので車の形になるよう無心に組立てます。

ミッション完。

P34 76_092.JPG

スタビは0.6㎜のアルミパイプを曲げました。
写真では見えづらいですが内径0.2㎜に対して、端面のみ0.3㎜のドリルを慎重に当てて少しだけ掘り下げています。(エッジのウスウス攻撃と同じ要領です)



エンジン回りもパイピングをして完。

P34 76_093.JPG

雨除けネットは形状が違うものの代替え案が出ないのでキット付属のエッチングを使っています。
枠部分の塗装が厄介ですが、平面の状態でマスキングテープを貼り、透明のしっかりした板(今回はアクリル板)にあてて光を透過させた状態で切り出しました。 その後折り曲げてハンダ付けをした状態で塗装しています。


もう一つのハードルはエキゾーストの加工。

P34 76_094.JPG

先端が外向きに曲がっているのですが、その再現工作がうまくいかず難儀しました。(あの手この手を試して真鍮パイプを何十センチ無駄にしたことか…)
結果的にはエキマニ部はキットパーツを使用し、真鍮線を介して1.4㎜のアルミパイプと接合することで解決しております。
アルミであれば慎重に曲げることで潰れも最小限で済みました。 排気口端部はスタビと同じ要領で曲げ加工後に極細のダイヤモンドビットで薄く仕上げています。
挿し込み接合方式にしたことで、マフラーマウントの穴に通す組立も後嵌めできるようになりました。


nice!(1)  コメント(2) 

Tyrrell P34(1976) -22 [Modeling]

東武東上線の北池袋駅近辺。
埼京線と並走する区間で線路が4本+引き込み線があり、時間帯によっては各上下線の運行間隔によって開かずの踏切と化すこともあります。 歩道はアンダーパスが整備されておりますが車道は少し手前から一方通行となって1車線で相当な踏切渋滞を起こすことも。
それを解消するべく(?)新たに道路が整備されるようです。

180521_001.JPG

踏切に向かって。
踏切手前右側は行政関連の資材置き場的に使われていた土地。 一方通行区間で横断歩道前後まで車が連なることも。

180521_002.JPG

同じ位置から反対方向。 写真では左側となりますが、資材置き場から続く撤去自転車保管所、駐輪場、公園とつながる一帯が道路予定地となっており、上池袋交番辺りの幅員が広がるあたりに接続される模様。
踏切の反対側は標高が落ちる地形なので、想像では下の道路からアンダーパスを掘って公園の辺りに上がってくるのではないかな?

で、なぜこんなことを取り上げたかというと

180521_003.JPG

工事エリアの端に位置する公園のこの桜ですよ。
樹齢と共になかなかの枝ぶりで今年もきれいに咲いておりましたが、一緒に植樹されている楓と共に切っちゃうのかな?
目の前にはコンビニもあり、公園で一息つくにも季節を感じる場所なんですけどねぇ。

という、ピンスポットのしかも個人的に桜が心配という、本当にどうでも良い話にお付き合いいただきありがとうございます m(__)m






P34は引き続きエンジン関連の小物を製作です。

バンクの間に配されたディストリビューターはメタルパーツを磨いてそのまま使おうと思いましたが、肝心のプラグコード出口が今一つの出来だったためその部分だけ作り直しました。

P34 76_088.JPG

というか画像の通り穴開け失敗。
プラグコードを刺す穴を加工していたらズレてしまったので切り離して置き換えます。

作り方は定番工作の真鍮パイプを束ねてハンダ付けです。

P34 76_089.JPG

以前 は芯になるパイプの周りにコード本数分のパイプを並べてシュリンクチューブで保持して接着する方法。
今回は本数が2/3なのでイーッ!とならずにできました。

本体は面出しして組み合わせるとこんな感じです。

P34 76_090.JPG

塗装して組立に備えます。

P34 76_091.JPG

本体部はアルミの箱で光沢もなくもう少し薄汚れていますが、酸化防止程度にフラットクリアを吹いて仕上げます。
組むと全く見えなくなりますが…w



P.S.
静岡で来訪いただいた方数名から「コメントの書き込みができない」とご連絡いただきました。
スパムコメントが特定の記事に対してだったため、該当記事のURLをいくつか変更することで落ち着いているようですので若干設定を変更してみました。
PC/スマホのキャッシュをクリアしたうえでご確認頂ければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 

Tyrrell P34(1976) -21 [Modeling]

静岡ホビーショーも終わって早1週間。
サボった分の仕事をこなすのに追われたか歳のせいかわかりませんが、時間がたつのが早い!(笑



静岡に出展するために突貫で「クルマのカタチ」にせねばと組みましたが…

P34 76_085.JPG

どっぼーん!





















































無事ばらけました。

P34 76_086.JPG

水に浸けて仮組のために水溶き木工ボンドや水溶性マスキングゾルで固定していたところを分解しました。瞬着やエポキシを使ったところはそのまま問題なく固定できています。
この後、ボディの研ぎ出しや細部の調整をしつつ組み直しましょう。





さて、工作記事の方は少し時間を巻き戻してみます。

いまや43界において定番と化した(?)ファンネルのディテールアップ工作をします。
がしかし、個人的には定番どころか初めての工作なのでいまいち勝手がわかりません(笑


8本のファンネルの同じ位置へ斜めに開口するのはなかなか難しそう!と思ったので治具を作りました。

余談ですが「治具」の「治」にさんずいではなくにすいの「冶」を使う人たまにいますね。 アレ間違いだそうです。 「治具」自体も実は当て字ですが、「冶」はヤとしか読みがないとのこと。
かく言うワタシもココだけの話、20数年前までは堂々と使っていました。いや、むしろしたり顔で。 しかし、ある時熟練の職人さんに「『ヤグ』ってなんだよ?」と指摘されまして、とても恥ずかしい思いをして以来「治」を使うようにしています。

詳しくはWebで → Wikipedia



閑話休題




治具は真鍮パイプ2本を組み合わせてY字状にハンダ付けしたものです。
ニードルで当りをつけながら差し込み口側を削って高さを調整します。 内径にバリがあると挽物を傷つける恐れがあるので微調整しつつ丸めた紙やすりを突っ込んでバリ取り仕上げしました。

P34 76_087.JPG

太いほうにファンネルを差し込んで、斜めのほうから0.4㎜のピンバイスで加工します。
理論上はパイプ上端に引っ掛けるカエリの部分からの寸法が等しくなるはずです。
斜めでもドリルが逃げることがないので安定して作業できました。
nice!(0)  コメント(4) 

Tyrrell P34(1976) -20 [Modeling]

GWも終わってしまいますが、みなさま満喫されましたでしょうか。 ワタシは休みが基本暦通りだったので、いわゆる飛び石状態。 残念ながらあまり満足感無しでございます。



ということでタイヤ交換の巻

製作中のティレルP34 日本GP(F1世界選手権イン・ジャパン)は雨の76年。
当然、予選のスリックではなく本選のレインタイヤを履きたいと思いますが、キット付属のタイヤがいかんともしがたい出来。

P34 76_076.JPG

レインのトレッドパターンが入っているのは有難いのですが、タメオにありがちなトレッド中央がへこんだ(ヒケた?)形状で、置き換えるにしても極端に小径のフロントタイヤはアフター品でも販売されておりません。


こんなの欲しいな。

P34 76_077.jpg
P34 76_078.jpg

タイヤ難しい…

ある程度で見切りをつけて、こうして…


P34 76_079.jpg

会社でゴニョゴニョできなくなってしまった(オイ ので3Dプリントサービスに依頼してみました。

P34 76_080.JPG

見積で躊躇しましたが、想像以上に高かった…(涙
せめて1/3、あわよくば1/4の値段ならうれしかったな。

しかも、3Dプリント経験したことある方はご存知かと思いますが、現在最高峰の高精細マシンを使っても積層段差があってそのままでは使えません。 段差消しとシェイプ調整を見込んで欲しいサイズに対し0.05~0.07程度大きく作ってありますので、約一日かけて6本のタイヤの段差消しを行いました。

機械的な加工ではないので旋盤よりリューターでのドリルレースが適していますが、どうチャックするか試行錯誤で数時間費やしました。センター出しができるチャック方法が見つかれば加工自体は…。
とはいえ、整形で埋まってしまったトレッド面をタガネでハンドカービングしなおしたりとかなりの修行になります。 もう2度とやりたくありません(笑


黒サフ

P34 76_081.JPG

塗装したのでタイヤ比較

P34 76_082.JPG

左上:タメオ スリック
右上:タメオ レイン
左下:フジヤ スリック
右下:自作 レイン
です。
nice!(0)  コメント(3) 

Tyrrell P34(1976) -19 [Modeling]

先週のことですが、東大で著名画家の大作を廃棄してしまった。とのこと。
asahi-articles-ASL4W369RL4WUCVL003-html-2018-04-28-09_43_49.jpg

元記事URL

モノの価値観は人それぞれ。とはいえ、つとに思うのは身の回りでは「なぜそうなった?」を考える人が少なくなったように感じます。 特に一番意識しないといけないはずの本職の仕事面でもそう感じるのが残念です。
結果には全てに原因や理由があるんですよ。なぜソレを配したか、なぜそう作ろうと思ったか。
自分の価値観や感性だけで評するのは自己完結の世界ではかまわないけど、その視野だけで他を除するというのは浅慮の骨頂だと思うのですね。 また、(自戒を込めて)その考えを押しつけがましく垂れ流さないようにと、こういう時代だからこそ留意しなくてはと思います。





作りたいように作ってますよP34!
理由は「趣味」だから(笑
楽しければいいじゃん!

ボディはデカールを貼ってクリアコートに入ります。

P34 76_073.JPG

模型映えするのは大型のリアウイングを装着したNo.3 シェクター車と思いますが、70年代のF1スタンダード型ともいえるシンプルなリアウイングのほうが好きなのでNo.4 デパイユで製作進めます。
P34の開発に尽力したという点でもこのドライバーの選択は意味があるんじゃなかろうか。


クリアがけの合間に小物も進めます。
サイドのラジエーターはキットでエッチングが用意されていますが、まぁ、ペラペラですわ。

P34 76_074.JPG

厚みがあるように見えたほうが「らしい」と思い、真鍮の角材ハンダ付けしてみました。
下側はなくてもよいのですが、少し車高が高めなのとアクリルのベースに取り付けたときに写り込むので気分とノリで穴あきのエッチング材を付けてみました。

P34 76_075.JPG

黒く塗って完了~
nice!(0)  コメント(0) 

Tyrrell P34(1976) -18 [Modeling]

エンジン周りのパーツ製作に戻ります。

ドライブシャフトの構成、正確にはブレーキディスクの取り付けを変更してしまったのでキットに入っているメタルパーツ製のブレーキ冷却用のエアインテーク・パーツが使えなくなってしまいました。
資料ではディスク全体を覆うような形状なので、パーツ形状の修正もかねて自作します。

P34 76_066.JPG

1㎜の真鍮板を2枚重ねてハンダ付けし、CADで描いた展開図を張り付けて切り出します。

P34 76_067.JPG

攻めすぎて手戻りが出るのを恐れてかなり大雑把に。

P34 76_068.JPG

リューターやヤスリを駆使して形状を出していきます。

途中でキットパーツと比較しつつフィッティングを繰り返して形状が出たところでグイっと曲げます。
曲げるときに1.2㎜のドリルを一緒に咥えて内アールを確保しようとしましたがうまくいきませんでした。

P34 76_070.JPG

先端に0.1㎜の洋白帯金を口の字に曲げたものをハンダ付けして開口を再現します。

P34 76_071.JPG

セミ黒で塗ったら完成です。

P34 76_072.JPG

組付けるとこんな感じになります。

あと2週間ちょっと。。
nice!(0)  コメント(0) 

Tyrrell P34(1976) -17 [Modeling]

週末に夏タイヤの交換してきました。
溝は残っていましたが、4年位履いていたので(汗

店内で作業待ちの間、色々見てみますが最近のホイールのでかいこと! 18,19は当たり前でインチアップというと21や24が普通、しかも鍛造とかもうどうなっているんでしょう。

180422_001.JPG

24インチなんていったら90年代の国産スポーティーカーのタイヤ含めたほぼ外形サイズですよ(笑


自車については純正指定のコンチネンタルは取り寄せで納期もかかるのでミシュランに変更。

180422_002.JPG

フォーミュラEのタイヤと同じ技術やトレッドパターンを採用しているとか。
コンチと比べるとロードノイズのレベルは同等ですが音質が若干低音になったように感じます。 フィーリングはタイヤ剛性的な突き上げ感やダイレクトなフィードバックは減ってマイルドな印象だけどグリップはしている(ように感じる)。 サイドウォールの機能が違うんでしょうね。
所詮ファミリーカーなので結果良しです。
(ディーラーの人は車の限界とか安全性を体感するために研修と称してサーキットを全開で攻めるそうですが(笑)




ボディは  時間がない  問題もなさそうなので塗装に入りました。

P34 76_064.JPG

下地はガイアのサーフェーサーEvo白です。 白の塗料も重ねるか悩みどころでしたが、しっかり白いのでスルーして1500番で軽く面を整えるだけにしました。

P34の青は悩みどころですが、バルケッタの専用調色塗料を友人がお試しに。と分けてくれたのでありがたく使用してみます。

P34 76_065.JPG

いい感じですね。
塗装中は紫が強く感じましたが、キットに付属しているカラーチップともしっかり合っております。
白も入っている(攪拌前の確認)ので透けも少なく色のノリもよく使いやすい塗料でした。

かなり高希釈にして薄めに3回ほど吹き重ねたので半艶の仕上り。
デカール前にクリアを一吹きした方が良いですかね。
nice!(0)  コメント(4) 

Tyrrell P34(1976) -16 [Modeling]

毎日ホフク前進のようにジリジリと進めます。


今回はカムカバーの工作をしました。

プラグコード用の穴。

P34 76_058.JPG

プラグコードはゴムのようなフランジキャップで固定されていますが、サイズ的に薄板で円盤状のキャップフランジ部を再現するのは現実的でないと思い、真鍮パイプを少しだけ飛び出させて固定する方法とします。
真鍮パイプは別途つや消し黒で塗装して仕上げます。


次はエンジンマウント(アンカー?)プレート

P34 76_059.JPG

洋白板から切り出します。
小さな部品の加工も切り出す前にデバイダーで穴位置をマーキングして、穴あけしてから外形を整える手順にすると割と簡単です。


キットも随分と古いのでモールドはあまりシャッキリしていませんが、一応「FORD」の刻印があるので生かします。

P34 76_060.JPG

まずはプライマー→白サフで下地を作ってエナメルで塗りつぶします。

で、割としっかり乾燥させてから文字の天面の塗料だけを注意深く拭き取り…

P34 76_061.JPG

文字の部分に合わせて出来るだけギリギリにマスキングします。

P34 76_062.JPG


つやを落としたラッカー系の塗料で塗装します。

P34 76_063.JPG

つまようじの先で慎重にボルトの頭の塗装をはがして、最後にもう一度つや消しのクリアーでコートしました。

nice!(1)  コメント(0) 

Tyrrell P34(1976) -15 [Modeling]

週末は仕事帰りにオフ会へ。


180414_001.JPG

250並走状態の巨匠
流石こだわった結果がしっかり反映された良い感じのシルバーでした。

180414_002.JPG

自主練の巨匠と今回の主役さんのスーパーカー世代おっさんホイホイアイテム2連発。 どちらも製作過程では多少ネガティブな感じを出しておりましたが、良い意味で裏切られます。 ストレートにカッコいいです。

180414_004.JPG

唐草模様の巨匠
NSXでもバンブルビーでもなくまさかのおベンツ。 残念ながら画像ではわかりませんが、ネガアール部は怪しい感じに青く影を落とします。 機会がありましたら是非ナマでご覧になってください。
あ、本場仕込みの「そだねー」聞きそびれましたw

180414_005.JPG

われらがトップセラーの新作。
いつもながらのスピード感で安定の仕上りは脱帽です。 ベースはBBRとのことで、今回は開きそうで開かない外れないとのこと。

180414_003.JPG

絶賛ノッてる巨匠の直近3作品。
画像に無いですがC9含め1作品10日くらいで作っちゃったらしいです。

他にも多数ございましたが例によって取り忘れ、もしくはブレてて画像が使えないなど大変申し訳ないです。
大変楽しく過ごさせていただきました m(__)m



モチベーションもアップしたところで続きを。
といきたいところですが、毎度のことながら少々飲みすぎてしまったようで、やりたいことと実際が微妙に噛み合わない(笑
切り替えるために後回しに予定していたサスを作ります。


P34 76_052.JPG

キットはメタル製のショックにスプリングを通して再現する構成ですが、ここは同じタメオから発売されているアフター品に置き換えます。

そのままでは取付が安定しないのでアレンジします。

P34 76_053.jpg

軸のない下側のショックアブソーバーの端面に0.3㎜で穴あけ。 そこに0.3㎜の横穴をあけた1.0×0.6㎜のアルミパイプを輪切りにしたものを0.3㎜の金属線で固定します。
上側は軸に合わせて同じくアルミパイプの輪切りを瞬着で固定します。
加工前後の比較。 固定もより確実になり、それっぽい感じが出せたと思います。

しかし汎用パーツなので全長が長く、そのままでは収まりません。
(もう一回り短いもの(No.16)は逆に全長が足りず使えません)
更にマウント部を追加したこともあり、計算上2㎜ほど詰める必要があります。

P34 76_054.JPG

下側のハウジングをドリルレースで1.4㎜程短くします。
シャフトが入る穴も深さを掘り下げておきます。


P34 76_055.jpg

上側はシャフトをカットして組み合わせます。
ノーマルパーツ~加工順で並べてみました。


P34 76_056.JPG

組付けるとこんな感じです。


おまけ

P34 76_057.JPG

リアホイール仮組は真鍮線を使っていますが最終的にはパイプに置き換える予定なので、超深リムの奥でキラッと光ったらよいなと思い割ピンを作ってみました。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。