So-net無料ブログ作成

CATERHAM Seven -11 [Modeling]

改装工事の進むJR板橋駅

190223_001.JPG

日々の営みの中で割と利用する機会の多い駅ですが、東口/西口改札が統合されるとのことで本日をもってこの光景が見納めになります。 東口/西口間に存在する立地的標高差がどのように処理されたのか今一度確認しておこうと思います。
昨年夏よりホームの一番端にあった唯一の階段は廃され、少しだけ池袋よりに新設された階段とエスカレーター/エレベーターが運用されるようになりましたが、朝夕のホームを見るとまだまだ埼玉寄りの半分程度に人が集中しているようです。 いっそのこと、ホームの池袋寄り最端にも改札を設けてくれると諸事が改善するようにも思います。 




さてラジエーターの製作です。
キットでは見事にオミットされています。

構想は帯板とチャンネル材を組み合わせて枠を作り、汎用ラジエターエッチングを組み合わせます。
本体形状は四角で単純ですが、ケータハム製になってからの特徴として電動ファンが装備されたそうなので、少々面倒ではありますがここも再現してみようと思います。


まずは枠です。
両サイドになる太めの枠部分に配管用のパイプを埋めます。

seven_039.JPG

1㎜真鍮角線に1㎜(内径0.6㎜)のパイプを組み合わせたいのですが、1㎜で穴をあけるとことはできないのでパイプの先端をドリルレースで0.8㎜に削って挿し込めるようにしました。


ラジエーター本体組立が今回の課題その1。

seven_040.JPG

0.5㎜の真鍮板を上下部分は1x0.3の帯金、左右は先のパーツで挟み込むようにして、片面0.2強の段差ができるように組みます。
真鍮板には0.25㎜厚分テープを貼って浮いた状態をキープできるようにし、枠部材を四方からMDFでクランプして一気にハンダを流しました。
MDF材はL字に切欠きを入れたもの2枚で『 ■ 』な感じでXY方向を同時に押さえられるようにして作業しました。


中央に出来た段差にエッチングを落とし込みます。

seven_041.JPG

使用するエッチングはFinisher'sのラジエターエッチングです。 残念ながら今はもう店頭在庫のみのようですが、なかなか雰囲気良いので再販して欲しいアイテムです。



課題その2は電動ファンです。
試行錯誤が続きましたが、結局のところ帯板に穴をあけて3枚重ねとしました。

seven_042.JPG

3枚重ねると厚み方向の辻褄が合わなくなりますが、実際には羽根を捩じるときの加減で帳尻合わせしています。


ラジエター部品が揃ったので組み合わせてみます。

seven_043.JPG

ヨイヨイ♪(自己満足)
でも、完成するとノーズコーンの中に入るので多分見えません(笑
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(0) 

CATERHAM Seven -10 [Modeling]

陛下在位30年記念硬貨(500円)
偶然にもStudio Rossoさんのところでも話題にされていましたね。

190222_001.JPG

昭和、平成そして新元号へ。
三和暦を(たぶん)生きたことの標として交換して頂きました。
バイカラーと呼ばれる色味の違いは新旧の成分違いで再現しているのかな?

すごいのはココ

190222_002.JPG

側面に刻まれたローレット。 機械加工と違い硬貨に斜めに入れるだけでもなかなかの技術だったらしいですが、なんとピッチが変わっているのです。
デザインも格調高く記念硬貨にふさわしいですね。





寒い日が続きますのでマフラーを作ります(違
まずはエキマニ部ですが、ガイド部品としてマニホールドプレートを作りました。

seven_034.JPG

これで排気管のピッチをエンジンに合わせるのが容易になります。



エキマニ自体は洋白線を焼鈍してU字型に曲げたもの2本を束ねて、その間に一回り太い洋白線をハンダで一体することで集合部を表現しました。

seven_035.JPG

ハンダは多めに盛っておいて修正しながら集合部形状を削り出して形状を整えます。
エンジン側はシャーシとマニホールドプレートに合わせながらタコ足部を曲げます。 軽く焼鈍してあるので同径の真鍮線と同等かそれより少し柔らかいかな、という程良い硬さです。



マフラー(太鼓部)とエンド部は色味が少し違ってしまいますがアルミで作ります。 これは、P34のエキゾーストと同様に真鍮やニッケルパイプを曲げることが困難だった教訓から。

seven_036.JPG

バフ掛けして仕上げます。
洋白と色味が合わないのはバイカラー焼けなどを追加して誤魔化せば良いかな。



遮熱板をどうするか(付けるかオミットするか)悩みましたが、Finemoldさんから出ている汎用エッチングを検討してみます。

seven_037.JPG

ステンレス製でかなり固いのでこれも焼鈍して加工します。
カットして適当な芯材に巻き付けてタイコ部分より一回り大きくなるように整えますが・・・やっぱり少々ウルサイ感じが否めないです。 最終的にどうするか全体の雰囲気で確認します。


記念にマフラー部組立写真。

seven_038.JPG

集合部が傷ついちゃっているので修正しましょう。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(0) 

CATERHAM Seven -9 [Modeling]

皆さんのところではスーパームーン見られましたか?
今年最大級とのことでしたが、全国的にあいにくの天気だったようでうちの辺りでは残念ながら空を見上げることはできませんでした。。





さて、セブンのエンジンですがいくつか補器類を作ります。
作るのに夢中で途中経過の画像ないですが。。


デスビは4気筒なので12気筒などに比べれば多少は気が楽です。

seven_031.JPG

ケーブルの接続口を円柱外周に4分割するため、最初にパイプに糸ノコで切り込みを入れ、その切込みに沿わすように線材をハンダ付けしてドリルレースで余分なハンダを落とすように整形しました。
本来は線材ではなくパイプにしてイグニッションケーブルを差し込むようにした方が組立は楽ですが、パイプの手頃なサイズが無かったのと外径が大きくなるので、芯を少し抜いたリード線を差し込む予定で対処します。



冷却水のサージタンク(マニホールド?)と一体になったサーモスタッドが排気側にあり、ラジエーターキャップが目立つのでコチラも再現しておきます。

seven_032.JPG

本体部は資料を見ながら適当な角線やパイプを組み合わせてそれっぽい形状をでっちあげました。



ウォーター(もしかしたらオイル)ポンプ本体と思われるものは・・・よくわからない形状。

seven_033.JPG

ラジエターからのホースの行き先のためにパイプを組み合わせてそれっぽく作っておきます。
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -8 [Modeling]

平成最後のバレンタインですねぇ。
世の中は恵方巻にウエイトを置いているのかすっかり盛り上がりに欠けるようですが、改札口前に露店が出始めると「そんな時期かぁ」程度になってしまい寂しいものです。 まだ00年代頃まではあの手この手の凝ったバラエティ豊かなモノを見かけたりしたのも今は昔。
職場でもガサッと箱に入った状態で「皆さんでどうぞ~」という感じですしね。 もう、義理を通り越して義務チョコみたいになっちゃってます。
あ、ちなみに来月のお返しも箱でガサッです(笑




エンジンのディテールを追加していきます。
今回は複製したDFVはF1エンジンのものでカムシャフトはギアドライブになっています。 まずはBDRの外観上最大の特徴でもあるコックドベルト(プーリー)を再現してみました。

seven_029.JPG

Studio Rossoさんのラジエターグリル汎用エッチングを細く切り出したものをリング状にします。
プーリー基部は0.3㎜の真鍮板を数枚重ねてハンダ付けしてまとめてドリルレースで外径をΦ2程度に削りました。
先のリングと組み合わせてハンダ付けで組んでいます。



もう一種類のプーリーは真鍮板の間に0.4㎜の真鍮線を丸めたものを挟んでハンダ固定したのち、同じくドリルレースで外径を整形します。

seven_030.JPG

テンショナーはアルミパイプの組合せでそれっぽいものを作ってみました。

レストア資料を見ても補器類は少なく、シンプルなエンジンなので見栄えする程度に追加しようと思います。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -7 [Modeling]

3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
少し出歩く予定でしたが、都内でも積雪の予報に同行者がヤル気ダウンしてしまいまして、なんとなく近場でお茶を濁すような感じでダラダラとしてしまいました。 結果的に予報は外れまして、気温は低いものの積雪は無く。
まぁ、もう少し暖かくなったらリベンジしましょう。





セブンはシャーシ周りにめどがついたのでエンジンの製作を開始します。



キットに入っているエンジンはいわゆるKENTの愛称で親しまれるFORD 225Eを再現しております。 4気筒OHV1600㏄。 発売から30年以上スタンダードエンジンとしてラインナップされた心臓ですね。

seven_026.JPG

でも今回はコスワースBDRをでっちあげなければならないのー。


紐解くとレース用のBDAをデチューン(ストリート用にキット化)したものがBDRとのこと。 ではそのBDAはというとF2用のFVA(シリーズ)DFV (!)を血統に持つというか同じヘッドをベルトドライブ化してKENTブロックに乗せたものです。

となれば、腰下をキットパーツ(KENTブロック)+ヘッドをDFVの片バンクから流用して合体すれば良い訳ですね(笑
まー実車ではそこまで単純な話ではありませんが、模型ならそれでオッケーです。

キットのパーツを切り刻むのは失敗したらあとが無いので、DFVのヘッドとカムカバーと共に腰下も一緒に複製しました。

seven_027.JPG

カムカバーの一つは気泡が入ってしまいましたが1個あればよいので問題なしです。


キットのエンジンは全長が少し短めに出来ているようなので、ヘッドのパーツに合うように延長しておきます。

seven_028.JPG

ヘッド部を掘下げて位置決めの軸打ちもしておきました。
これに合わせて補器類のディテールアップをしていきます。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(0) 

CATERHAM Seven -6 [Modeling]

リアに目途が付いたので続いてフロントの足回りに移ります。

seven_020.JPG

キットでは全てメタルパーツで用意されていますが、セブンの足回りはかなり露出しているのでもう少しシャッキリさせたいところ。
取付もあいまいな感じなので作り直します。


ロアのAアームは真鍮線と真鍮パイプの構成でキットパーツの寸法を拠り所にしました。

seven_021.JPG

で、これは失敗作。
仕事の緩急に翻弄されながら思うように進まないここ数日は何かと失敗を誘発しがちです。
寸法が定まらず修正を繰り返すうちにヨレヨレに。 しかも、キットのメタルパーツを基準にしたので線径も少し太い印象です。

0.1㎜細い線に変更して作り直しました。

seven_022.JPG

アッパーのIアームとそこに接続されるスタビライザー基部も合わせて製作します。
実車のIアームは十字(T字?)型の断面ですが流石にそこまでは再現できそうにないので真鍮線にしてしまいました。 コチラも丸線のために少し太い印象になってしまいますが、0.1㎜細い線にすると色々不釣り合いが生じてしまうのでこのままいきます。
アップライト側はシンメトリーになるよう注意して位置関係を決めて、フレーム側は長めに線を残しておき差し込みの軸とします。


アップライトのパーツを探しているとなんとエッチングでした。

seven_023.JPG

実車では鋳物でできたひょろっとした部品なので随分とイメージが違います。

seven_024.JPG

なのでこちらもパイプと真鍮線の組合せで作りました。
切り出し(カッター、ニッパー、糸ノコ)、穴あけ(ピンバイス)、調整(ヤスリ)、接合(ハンダ)の4つの作業をひたすら繰り返し。。。


仮組してみました。

seven_025.JPG

ジオメトリーもかろうじて許容範囲内に収まったようで一安心。
トレッドに調整の余地を残してスタビライザーとステアリングラックは後回しにします。

カタチになってくると一人で盛り上がってしまいますね。
シャーシ周りをカタチにするのは1月中にと秘かに決めていましたが、失敗もあり1週間ほど予定が後ろ倒しになってしまいました。

タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -5 [Modeling]

デフができたので続いてそれに組み合わせるド・ディオンチューブも再現してみます。
チューブ本体はΦ1.6の真鍮パイプで、両端のプレートはラジアスロッドの接続も共有する形に切り出します。

0.5㎜の真鍮板を2枚重ねてハンダで仮固定し加工します。
糸ノコで大まかに切り出した後ヤスリで仕上げてから両端にハンダで接合しました。

seven_016.JPG

車軸も一体になっておりますが実車ではド・ディオンチューブのみエンドプレートと剛結(溶接)されていて、そこにブレーキ機構が保持され、車軸自体はベアリングを介して貫通しています。
模型的にはプレート外側にブレーキディスクを接着し、後々軸長を調整してホイールを差し込めばOKでしょう。



続いてプレートの内側にはサスペンションの受け、中央にはAアームと接続するステーを追加します。

seven_017.JPG

中央のステーとAアームの接続には実車ではブッシュを使っているようですが、応力が集中する部分で破損交換している記事をよく見かけますね。 模型でもあまりいじると壊れそうです(汗
サスの受けは平板とU字に曲げた真鍮線の組合せで上側のみハンダ付けすることで左右と回転方向に自由度を持たせて調整幅を持たせています。



サスペンション自体は良くできているTAMEOのアフター品を使います。

seven_018.JPG

数種類出ているうちPG15というタイプにしました。
コイルが随分と長いのが特徴ですが、長さが少し足りなかったので取付側にスペーサーを挟んで調整する必要がありました。


リアの足回りのパーツが一通りできたので、本当に収まるのか?確認のために仮組してみました。

seven_019.JPG

もう少し細部の調整が必要ですが、リアの足回りなんとかなりそうです。




仮組状態を見ていて、以前「43を作る人は金属素材多用しますね」と会話したことを思い出しました。 当時はまだ43作り始めて間もない頃でしたが、多少慣れは必要なものの使用に抵抗はなかったです。
理由は…多分キット素材との相性みたいなものでしょうかね。
プラモは当然プラ材なので「接着」と考えるとプラの方が利点が多いです。(最近は瞬間接着剤なども使いますが…) 一方43等ガレキはレジンやメタル素材が多いので、金属の方が質感合わせや接合に好都合な場合が多いというところでしょうか。 加工に関しても真鍮やアルミは適度な硬さで工具もプラに使うものと共有できますし。
あとは金属パーツは小さくてもエッジが立っていてシャープな印象に仕上がるというのは43のように小さいとディテール表現に有利かもしれません。
まぁ、一長一短で好みと慣れのような気もしますがー
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -4 [Modeling]

前回デフを作りましたが、はやはり気に入らない。
というよりフレームに合わせて確認してみると辻褄の合わない部分が出てしまいそうなので作り直しましょう。と、資料を見直していて大きな間違いに気が付きました。

「ロータスのSr.3まではリジットアクスルだったが、ケータハムに移管後すぐにド・ディオンアクスルに変更された」という記述を見つけてしまいした。
確かにタミヤの1/24=ロータスSr.2はリジットですが、1/12はしっかりとド・ディオン式が再現されているようです。
先日は手元の1/24を参考にしてしまったのでリジットアクスルを再現してしまいました。。



ここで気が付いたのは怪我の功名。と言い聞かしながら涙目でプラバンを積層して芯を作ります。
リジットのデフケーシングは円筒形をベースにした方が作りやすいですが、今回のデフケースは四角垂台様の形状なのでプラ材で作ります。

菱餅。

seven_011.JPG

色違いのプラバンを使っているのは切削時に削り具合の目安になるかな?と。

seven_012.JPG

大きいうちに必要な穴をあけておきました。


うり坊。

seven_013.JPG

資料写真を見ながらイメージを掴む程度に図面(メモ)を書きますが小さいので結局工作は現物合わせです。 なんとなくの雰囲気重視で角を落としてカタチを削り出します。
ちなみにこの時代のデフはフォード・シエラの物を流用しているらしいです。


seven_014.JPG

流し込み接着剤をドバドバかけ回しながらリブに見立てた細切りプラバンを配置し、半硬化の時点で位置を補正します。


seven_015.JPG

シャフト部はパイプ材等を併用してデッチアップしました。
スキマから覗き込んでチラっと”見えてしまった”際に、なんとなくデフケースに見えれば良いかなと思っています。
レジンで一体複製した方が良いような気もしますがそれは面倒です。




そういえば。
巨匠のブログにて、遠足道中「リンリンランラン リュゥ~エン♪」と盛り上がったと触れられておりましたが、以来懐かしのCMソングが脳内でリピートしております。
そこでちょっと調べてみたところ、どうやら経営不振で店は一旦クローズ。 その後跡地をビルに建て替えた際にテナントとしてヒッソリ復活しているらしい。。けど、店の情報は見つけられませんね。
地元文京区に同名の店舗もあるようですが機会があれば関連性など含め調査してみたいですな。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2) 

CATERHAM Seven -3 [Modeling]

フレームが出来たので足回りの工作を進めましょう。

正月休みに旋盤のメンテも済ましたのでデフケースを切削加工でひねり出してみます。

seven_008.JPG

久しぶりなので感覚鈍ってますね。。


こんなもんかな。。

seven_009.JPG

芯になる部品です。

この後ヤスリで接合面を作ったり摺合せして。。

seven_010.JPG

ハンダで組上げました。

最終的には黒く塗装してしまう上に完成後は殆ど見えなくなる部品ですが出来に少々難あり。
気が向いたら作り直します。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(0) 

CATERHAM Seven -2 [Modeling]

年が明けて2週間経過し、公私共にようやく通常運行に戻りつつあります。
と共に、周りではインフル感染者が着々と増えつつあるようで。。
家にも一人感染者がおり恐々としております(汗
皆様もご自愛ください。


さて、セブン。
ハンダ付けパラダイス2
前方のメインフレーム部分ができましたのでリアのサブフレーム的な部分も金属線で作りました。

seven_007.JPG

もう少し必要な補強ビームもあるようですが、なんとか完成したフレーム全景です。 ここまでくると見た目以上にしっかりした強度が出ていることに驚きます。
実は金属線でフレームを組むというのは一度やってみたかったんですよね。
TZ2もかなり小柄な車ですが、それと比べても更に小さいです。


書き忘れていましたが、使用した線材は0.6㎜の角線と0.5㎜の丸線で、資料によると1980年前後に製造された車体は主に「インチスクエア(25.4㎜角)パイプとΦ19の補強材を使用した」とありましたので43換算して近似サイズとしました。 角線材も□0.5を使った方が製作上はなにかと都合は良いのですが、0.1㎜違うだけで随分と雰囲気も強度も違います。
フロントの梁の部分は真鍮線ですが、少し強度が欲しいリアセクションは洋白線と使い分けてみました。
タグ:CATERHAM Seven
nice!(0)  コメント(2)