So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

BMW Z4 GT3 [Modeling]

早いもので今日からは6月!
2018年も後半戦スタートです。

しかし静岡ホビーショーが終わってからというもの、まったく模型のモチベーションが上がらず、平日はおろか週末もフラフラと出かけて模型から離れて過ごしていました。

こんな気分の時の細かい作業はミスを誘発するのでP34はしばらくお預けとし、他のキットを出してユルユルと進めようと思います。
たまには戦車とかも…と思いましたが、積み滅ぼしもかねて…

Z4 GT3_001.JPG

前から作ろうと思っていたZ4 GT3です。

Z4 GT3_002.JPG

このデカールで。
大人の事情で「牛」を描いていることは伏せているようです。 メーカーに迷惑が掛かってもいけないのでなるべく露出は避けましょう。

このクルマ、調べても戦績とかデータがほとんど出てこないです。
Marc VDS Racingから Fred Bouvy と Damien Coensというドライバーで2011のBelcar-Spaに出場して3位入賞したらしい。ということくらい。
もしかしたらこの一戦しかないカラーリングかもしれません。

で、先の写真は2012のキットなわけですが

Z4 GT3_003.JPG

デカールが2011とのことで、先に2011のベースキットを購入していたわけですよ。

Z4 GT3_004.JPG

ご丁寧にホビーデザイン製のエッチングセットまで。
この辺りは在庫を引っ張り出したら、キットが2個あって「?」となり、確認したらデカールとエッチングまで用意してあったという、やる気のあった過去のオイラ偉い!ってことですが、すっかり忘れておりました(笑
そこで記憶をたどりつつ今度は何故キット2個買った?となったのですが、どうも2011仕様と言いながら該当車は造形的には2012仕様のようです。 検索で引っかかるTopGearの車両は2011仕様ですが、これが実戦走っている画像は発見できず。


Z4 GT3_005.JPG

Z4 GT3_006.JPG

フジミもわざわざ新金型で仕様違いを出しているように、外観は細かい部分が結構違っていて、改造でできなくもないけどキットがあるなら当然その方が楽な訳で購入したようですね。
更に見ていくと折角のホビーデザイン製エッチングセットはまんま2011をメインにしているためほとんど出番がなさそう(笑
つまりは2012仕様(ちょっと改造)+キット付属エッチング+デカールで製作となり、実車資料も乏しいことから「好き勝手作れる おいしい仕様」ということになります。


ゆるく続くと思う。
タグ:Z4 GT3
nice!(0)  コメント(5) 

Tyrrell P34(1976) -23 [Modeling]

お知らせが遅くなってしまいましたが、
ブログ川原模型資料館
と相互リンクさせて頂いておりますので改めてご案内します。
Authorの川原氏と言えばP34。 氏が寄稿したModelArt誌のP34特集は今回の制作でバイブル的に活用させていただきました。
静岡でも当ブログを見て頂いていたとのことで、ブースに来訪いただき濃ゆいP34談義をさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします。




さて、製作記としては静岡HSの2日前くらいですかね。
エンジン回りのパーツがおおむね揃ったので車の形になるよう無心に組立てます。

ミッション完。

P34 76_092.JPG

スタビは0.6㎜のアルミパイプを曲げました。
写真では見えづらいですが内径0.2㎜に対して、端面のみ0.3㎜のドリルを慎重に当てて少しだけ掘り下げています。(エッジのウスウス攻撃と同じ要領です)



エンジン回りもパイピングをして完。

P34 76_093.JPG

雨除けネットは形状が違うものの代替え案が出ないのでキット付属のエッチングを使っています。
枠部分の塗装が厄介ですが、平面の状態でマスキングテープを貼り、透明のしっかりした板(今回はアクリル板)にあてて光を透過させた状態で切り出しました。 その後折り曲げてハンダ付けをした状態で塗装しています。


もう一つのハードルはエキゾーストの加工。

P34 76_094.JPG

先端が外向きに曲がっているのですが、その再現工作がうまくいかず難儀しました。(あの手この手を試して真鍮パイプを何十センチ無駄にしたことか…)
結果的にはエキマニ部はキットパーツを使用し、真鍮線を介して1.4㎜のアルミパイプと接合することで解決しております。
アルミであれば慎重に曲げることで潰れも最小限で済みました。 排気口端部はスタビと同じ要領で曲げ加工後に極細のダイヤモンドビットで薄く仕上げています。
挿し込み接合方式にしたことで、マフラーマウントの穴に通す組立も後嵌めできるようになりました。


nice!(1)  コメント(2) 

Tyrrell P34(1976) -22 [Modeling]

東武東上線の北池袋駅近辺。
埼京線と並走する区間で線路が4本+引き込み線があり、時間帯によっては各上下線の運行間隔によって開かずの踏切と化すこともあります。 歩道はアンダーパスが整備されておりますが車道は少し手前から一方通行となって1車線で相当な踏切渋滞を起こすことも。
それを解消するべく(?)新たに道路が整備されるようです。

180521_001.JPG

踏切に向かって。
踏切手前右側は行政関連の資材置き場的に使われていた土地。 一方通行区間で横断歩道前後まで車が連なることも。

180521_002.JPG

同じ位置から反対方向。 写真では左側となりますが、資材置き場から続く撤去自転車保管所、駐輪場、公園とつながる一帯が道路予定地となっており、上池袋交番辺りの幅員が広がるあたりに接続される模様。
踏切の反対側は標高が落ちる地形なので、想像では下の道路からアンダーパスを掘って公園の辺りに上がってくるのではないかな?

で、なぜこんなことを取り上げたかというと

180521_003.JPG

工事エリアの端に位置する公園のこの桜ですよ。
樹齢と共になかなかの枝ぶりで今年もきれいに咲いておりましたが、一緒に植樹されている楓と共に切っちゃうのかな?
目の前にはコンビニもあり、公園で一息つくにも季節を感じる場所なんですけどねぇ。

という、ピンスポットのしかも個人的に桜が心配という、本当にどうでも良い話にお付き合いいただきありがとうございます m(__)m






P34は引き続きエンジン関連の小物を製作です。

バンクの間に配されたディストリビューターはメタルパーツを磨いてそのまま使おうと思いましたが、肝心のプラグコード出口が今一つの出来だったためその部分だけ作り直しました。

P34 76_088.JPG

というか画像の通り穴開け失敗。
プラグコードを刺す穴を加工していたらズレてしまったので切り離して置き換えます。

作り方は定番工作の真鍮パイプを束ねてハンダ付けです。

P34 76_089.JPG

以前 は芯になるパイプの周りにコード本数分のパイプを並べてシュリンクチューブで保持して接着する方法。
今回は本数が2/3なのでイーッ!とならずにできました。

本体は面出しして組み合わせるとこんな感じです。

P34 76_090.JPG

塗装して組立に備えます。

P34 76_091.JPG

本体部はアルミの箱で光沢もなくもう少し薄汚れていますが、酸化防止程度にフラットクリアを吹いて仕上げます。
組むと全く見えなくなりますが…w



P.S.
静岡で来訪いただいた方数名から「コメントの書き込みができない」とご連絡いただきました。
スパムコメントが特定の記事に対してだったため、該当記事のURLをいくつか変更することで落ち着いているようですので若干設定を変更してみました。
PC/スマホのキャッシュをクリアしたうえでご確認頂ければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0)